Pixiv主宰のお絵描き講座動画サイト「sensei(センセイ)」と他のサイトを比較してみた


スポンサーリンク


2016/3/2、イラストSNS最大手Pixivがイラストの講座動画サイト「sensei(センセイ)」を立ち上げたと発表しました。

pixiv事務局です。

2016年3月1日(火)、動画で学ぶお絵かき講座「sensei(センセイ)」をリリースいたしました。

senseiとは、pixivと連携した “お絵かきがもっと楽しくなる” オンライン学習サービスです。さまざまなジャンルで活躍するクリエイターが提供するイラスト講座を動画で閲覧できます。イラストは苦手という初心者からプロを目指す上級者まで幅広くご利用いただけるように、基礎から応用まで、それぞれのレベルに合わせたコースを多数ご用意しています。

ひとつひとつの動画は習得のポイントをしぼり、短時間で高い効果をあげられるよう設計されています。自分の上達を実感しながら少しずつレベルアップを図れますので、順番に見ていくだけで、お絵かきを楽しく継続的に学ぶことができます。

2016年3月31日までは、プレミアム会員向けの動画を含む全動画を無料公開しております。4月1日以降は、一部動画・最新公開動画(公開から2週間まで)がそのまま無料でご覧いただけます。

pixiv公式より引用

昨今、オンラインで学べるイラスト動画講座サイトは増えつつありますが、ここへきてとうとうPixivも参入。
ついにきたか、といった感を受けますね。

講師にはオンラインイラスト添削サービス「Picorre」でも講師をしている「ヒロマサ」氏やボカロPとして有名な「ピノキオピー」氏など。
すでにいくつか動画が公開されているということでしたので、実際に見て他のイラスト動画講座サイトと比較してみました。

sensei(センセイ)の特徴

・動画は3分
・プレミアム会員は高画質&限定動画視聴可能
・ナレーションは合成ボイス
・Pixivアカウントがあれば難しい登録などは不要

無料公開の動画自体はログインしていなくても見れました。

sensei-pixiv01
初心者向けの顔編は全14回、中級者向けとなっている体編は全20回構成でした。
説明がメインの動画と、実践編の「実演」動画で学習を進めていく形式です。

今のところ、Pixivアカウントと連携するメリットは、どの講座を完了したかチェックしておける程度のようです。

sensei-pixiv02
動画の右下にある「完了ボタン」を押すとマイページの一覧に表示されます。

気になる点

プレミアム会員限定の機能は公式から届いたメッセージだと、以下のように説明されています。

■pixivプレミアムの機能
pixivプレミアム会員には高画質の動画をご用意。また、期間限定の講座でも、いつでも見返すことができます。
さらに動画の文字起こしテキストも閲覧することができ、細かく学ぶことができます。

期間限定講座があるということらしいですが、その分量がどのくらいかは非常に気になるところですよね。
ほとんどすべてがプレミアム会員限定になってしまうようなら、面白いサイトだけにちょっと残念な気もします。

また、動画の文字起こしですが、画像部分も用いてブログ記事のように文字起こしをしてくれるのか、それとも単なる文字起こしだけなのか…
後述するPalmie(パルミー)では、ブログ記事同様の講座書き起こしがされている動画もあります。
動画だけとなるといろいろ不便な点もあるので、できれば画像も交えた書き起こしにしていただきたいものですが…どうなるんでしょうか。

Palmie(パルミー)との比較

sensei-pixiv03

https://www.palmie.jp/

Palmie(パルミー)は株式会社スーパーフラットが運営する、イラスト講座動画サイト。

・sensei(センセイ)との比較

・Palmieの動画はだいたい5~10分
・sensei(センセイ)同様、体系的に学べるカリキュラム機能がある
・「イラレポ機能」により他の学習者の結果と比べることができる
・Twitterアカウントで登録が可能
・基礎だけでなく、塗り・作家メイキングなども充実
・テキストベースの講座部分が登録しなくても見れるものも

sensei(センセイ)よりも前に稼働していたサイトですので、その分動画数も多く、その数100を超えています。

Palmie(パルミー)の講座の一部は、MUGENUPのお絵描き講座ブログ「いちあっぷ講座」内でも見ることができます。

Creaple(クリープル)との比較

sensei-pixiv04

http://creaple.jp/

Creaple(クリープル)は、クラウドゲートが運営する無料動画講座サイト。
イラストだけでなく、3D・WEBデザイン・ライティングやクリエイティブ系の仕事を受注する際の心構えなど、多岐にわたる講座ジャンルが特徴。

・sensei(センセイ)との比較

・sensei(センセイ)に比べると1動画が長い(15分程度)
・Creapleは中級者向け
・Creapleより「仕事」を意識した人向け
・「みんなの投稿作品」とそれに対するコメント欄がある

Palmie(パルミー)の「イラレポ機能」に該当する「みんなの投稿作品」とそれに対するコメント欄があるので、運がいいと講師からコメントが返ってくる場合もあるようです。

まとめ

似たようなテーマで運営されている2つのサイトとくらべてみました。
個人的には、動画数と「イラレポ機能」においてPalmie(パルミー)のほうに軍配が上がると感じましたが、
なんといってもPixivはユーザー数が多いので、sensei(センセイ)もこれまでこういった動画サイトを見なかった人も利用するのではないか?という気がしています。

いまいち特化した機能に欠け、魅力が薄いと言われてきたPixivのプレミアム会員ですが、sensei(センセイ)ではプレミアム会員限定機能もあるということなので
追加機能次第によってはユーザー数を伸ばすことになるかもしれませんね。

sensei(センセイ)公式Twitterはこちら

◆こちらもあわせてどうぞ

オンラインでイラストを添削してくれるサービスのまとめ

オンラインイラスト添削サービスのススメ-お金も時間もないけどイラストを上達させたい人へ

マンガ同人誌を作るソフトは「CLIP STUDIO PAINT EX」を買うべき5つの理由

月1980円で学べる絵画教室!プロの技法を動画レッスンで学ぼう!美大生絶賛の日本初のオンライン講座

スポンサーリンク


校倉

投稿者プロフィール

「戦国らいふ」は校倉が管理しているブログです。
ブログと管理人についての詳細はこちら。
[email protected]

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 スポンサーリンク


おすすめ記事

  1. 出羽国、現在の山形県は戦国時代、「出羽の驍将」と呼ばれた最上義光(もがみよしあき)の領地でした。 …
  2. ゲーム、漫画、小説…戦国時代へハマるきっかけはいろいろありますが、 気になる戦国武将ができたらまず…
  3. 「大人の水ぼうそう」として知られる皮膚の病気「帯状疱疹」。 一般的には高齢者がなりやすいと言われて…
  4. 同人誌を作るとき、コピー本やキンコーズも悪くはないけど、印刷所も使ってみたい。 でも大手の同人印刷…
  5. 2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」は、考証チームが優れていることでも注目が集まっています。 …
  6. 先日、ファイナルファンタジー14をプレイしていたら、ある時突然ハウジングエリアのマップから番地が消え…
  7. 1489年、1504年、1507年と、越後府中の守護政権や長尾為景に反抗した、揚北の雄・本庄氏。 …
  8. 札幌市中央区を走る市電「西線9条旭山公園通」駅にほど近いこじんまりしたアパートの一角に、 モチモチ…
  9. 独特の雰囲気のある男性キャラクターに定評があるイラストレーター・西野幸治氏。 西野幸治氏のイラスト…
  10. 同人誌の自家通販を始める際、何も準備せず始める!という方はなかなかいないとは思いますが、 いざ注文…

記事を書いている人

校倉

ゲーム・創作活動・戦国ものなどが好き。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

[email protected]

ページ上部へ戻る