オンラインでイラストを添削してくれるサービスのまとめ

オンラインのイラスト添削サービス

スポンサーリンク


近年増えてきた、オンラインでイラスト添削を受けられるサービスをまとめてみた記事です。
利用したことのあるサービスを中心に紹介しています。

picorre(サービス終了)

picorre01

(※2018/1/31 サービス終了)

・対象者:同人~商業志望(ゆるい)
・価格:全講座一律5400円(二週間)
・手探り状態だが、直接講師とやりとり可能

トップバッターはpicorre、一番オススメです。
2015年に始まったばかりのサービスですが、「キャラクターの顔」「カードイラスト」など、順次講座が増えて行っています。「モンスターの描き方」など一風変わった面白そうな講座も。
運営母体は「一般社団法人 JMAGクリエイターズ協会」というところ。代表を務めている方が、時々TINAMIなどでコンペを開催している 東洋美術学校の副校長さんだそうです。

受講の流れは課題提出→添削→再提出→再アドバイスという感じですが、講座ごとに講師が異なるので、指導方法なども異なります。
また、直接講師とやりとりをすることになるので、ある程度「自分がどうしたいのか」を言葉にできるほうが、より有効に活用できます。

やりとりは完全クローズドで、過去絵の提出は求められません。
私の場合、以前記事で絶賛オススメした講座本の著者「ヒロマサ」さんが講師にいらっしゃったので受講したという経緯があります。
(講座本についての記事→『ヒロマサのお絵かき講座 』-歪んだ顔を手癖で量産してお絵かき楽しす心を失いかけていた私が救われた本の話

直接この人の指導を受けたい!という場合は、現状最も適したサービスと言えます。
あとこのサイト、「よくある質問」ページに理念が書かれているのがいいんですよねぇ。
「日本の絵の描き方を体系化する事をミッションに、クリエイターの持つ専門知識を教える技術に変換する」って、シビれません?
かっこいいよね…
(こんなこと書くとお金もらってんのかお前とか思われそうですけど貰ってません。払いはしましたけど!←)

まだ開始したばかりで運営さんもいろいろ手探り状態でやっているようですが、是非充実して行って欲しいです。
デメリットは、登録しないとどういった講座があるか見れないことと、講師によってはコミケ前や商業多忙時に開講されなかったり返信が遅くなることですかね。

↓許可を頂いたので、実際に添削していただいた画像を載せておきます。
登録迷ってる方は参考にどうぞ!
picorre02

イラスト学校

illustschool

http://www.crowdgate.net/schoollist

・対象者:基本は商業志望向け(同人・趣味も可)
・価格:3000円~、三ヶ月講座は10000~20000円
・対応は事務的(整っているとも言える)

お次は今年の年賀イラストを添削してもらったイラスト学校さん。
こちらは運営母体がソーシャルゲームイラストの仲介やPBWの運営を行っているクラウドゲートという会社です。

picorreとは異なり、講師と直接やりとりをすることはありません。
「色彩」「構図」「デザイン」「線画」「ラフ」など受講前からカリキュラムがある程度決まっていて、目指す方向は「いわゆる一枚絵の仕事」向き。
その名の通り、「学校」っぽいです。
一貫性があるので、枠にはまって勉強したい場合は適しています。

イラスト学校も、添削の方法は課題提出→添削→再提出→再アドバイスとなります。
私は「苦手克服BeforeAfter」という講座を受講したんですが、添削前と添削結果の資料がPDFのプレゼンシートみたいな本格的なものでした。
基本的に褒めつつアドバイスをくれる感じなので、ザクザク刺されたくない!という方にも向いていると思います。
問い合わせへの対応なども、企業のためか丁寧&早いです。安心感。

デメリットは、添削前に提出する過去イラストが外部に全体公開されてしまうこと。
別途提出も受け付けてはくれましたが、基本的にはイラスト学校のポートフォリオに過去絵を公開するのがルールのようです。

クラウドゲートさんでは、イラスト学校の他に「クリープル」という動画講座サイトもやっていて、こちらも勉強になります。
イラスト講座だけでなく、漫画・デザイン関係や小説、仕事への向き合い方講座まである充実ぶり。
こちらは登録しなくてもすべて無料で見れます。
(動画がちょっと重いのが難点)


 

ココナラ

illustcoconala

・対象者:同人~(出品者による)
・価格:1000円くらいから
・安価だが、コミュニケーション必須

最後は、私が記事作成などを出品させてもらっているココナラ。
このサイトは500円から「お願いごとを叶える」サイトで、出品されているサービスの中には「イラストの添削」もあるのでまとめに含めました。
(ちなみに、小説の添削とかもあります)
イラスト関係は1000円以上での出品が多いです。

例)実際にあるイラスト添削のサービス
coconala01

coconala02

ココナラのメリットは、picorreと同じくやりとりやイラストがクローズドなこと。
利用規約&出品者の意思に反さない限りある程度自由が利くのも、picorre同様魅力です。
ただ、こちらはpicorre以上に「個人間のやりとり」の度合いが強いため、ヤフオクやフリマなど、「見知らぬ誰かと取引を行う」のにある程度抵抗のない方向き。
カリキュラムにのっとって学びたい人は前述のイラスト学校の方が向いていると思います。

番外編:pixivの赤ペンコミュ

【pixivグループ】「■赤ペンしてもらいたい人うpどうぞ■」

・対象者:pixivユーザー

最後は番外編で、お金のかからない添削方法をご紹介。
皆様ご存知pixivにある、相互赤ペンを目的としたグループです。
私も参加しており、二枚ほど添削してもらいました。
活発なグループで、かつ荒らし(?)もほぼいないのか、ルールを守った投稿であれば何かしらのアドバイスが貰えているようです。

デメリットは、グループメンバーが任意で赤ペンしてくれるという趣旨のため添削がつかないかもしれないことと、添削してくれた方が必ずしも教え上手とは限らないこと。
幸い、私の投稿に赤ペンを入れてくれた方は的確でわかりやすいアドバイスをしてくれる方でしたが、
「お互い赤ペンをしたりされたりしながら成長しましょう」というコミュニティなので、「相手にプロさを求めずに利用する」心構えは必要かと思います。

あと、pixivグループの宿命として、添削してもらうイラストは他ユーザーにフルオープンです。

他にも私は利用したことがありませんが、「萌える絵のかきかた教えてくれ ぷちまとめ」さんにあるうpろだなどでもイラストの添削交流ができるようですし、個人ベース・企業ベース問わず、探せば添削サービスはまだまだありそうです。
ただ、場所によってはお金を払ったけど音信不通…という所もあったので、運営母体には気をつけた方がいいと思います…

とはいえ、従来とは比べものにならないくらい手の届く価格で「弟子入り」できる時代になったのは嬉しい限りですね。

◆こちらもあわせてどうぞ

Pixiv主宰のお絵描き講座動画サイト「sensei(センセイ)」と他のサイトを比較してみた

オンラインイラスト添削サービスのススメ-お金も時間もないけどイラストを上達させたい人へ

Indesignで漫画・小説が混在している同人誌を作る時のコツまとめ

マンガ同人誌を作るソフトは「CLIP STUDIO PAINT EX」を買うべき5つの理由

CLIPSTUDIOPAINTのワークスペースが強制リセットされた時の直し方

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


校倉

投稿者プロフィール

「戦国らいふ」は校倉が管理しているブログです。
ブログと管理人についての詳細はこちら。
連絡・お問い合わせは[email protected]まで。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 スポンサーリンク


おすすめ記事

  1. インターネット回線
    昨今、インターネット回線の速度が改善したため1Gbpsへの変更をおすすめされたり、回線の契約を変更し…
  2. 百戦麺磨鬼武者のレビュー
    札幌すすきのに、なんと店内に「甲冑」が置いてあるラーメン屋があると雑誌で目にしてからというもの、ずっ…
  3. 過去の傷
    いじめ、からかい、苦手な人から受けた被害… もう長いこと経つのに、過去に受けた傷がふとした瞬間にう…
  4. 札幌市立中央図書館の二階
    2014年4月にリニューアル、2018年3月に改修した、札幌市立中央図書館。 札幌市の中心部に位置…
  5. 戦国武将と領土拡大
    以前紹介した、オンライン講義サイト「gacco」の講座「日本中世の自由と平等」を受講した際のノート代…
  6. 安易な共感
    性別違和についての考え事のログです。 性別違和感を打ち明けた際、欲しいのは共感でなく受容であり安易…
  7. PCパーツ交換
    PCパーツの交換を行う際に、パーツ本体以外に用意しておくと良いものをまとめました。 必須というわけ…
  8. グラデーションマップ
    CLIP STUDIO PAINTや、 Photoshopに搭載されているグラデーションマップツー…
  9. 炭火ハンバーグ大かまど芝
    札幌市電「大通西4丁目」駅を降りてすぐのところにある「炭火ハンバーグ 大かまど 芝」。 ボリュ…
  10. 地雷ジャンル
    同人界隈、とりわけ腐向け(BL)創作界隈における「地雷」。 苦手あるいは嫌い、見るのも嫌な物を指す…
 スポンサーリンク


記事を書いている人

校倉

ゲーム・創作活動・歴史などが好き。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

連絡・お問い合わせは[email protected]まで。

ページ上部へ戻る