楽天ブックスの全額ポイント購入時の注意点!クレジットカード払いにしないと余計なお金を取られる!?

楽天ブックスの全額ポイント支払い注意点



rakutenがやっている楽天ブックスでは、Amazonや書店で在庫切れの本が案外あったりして便利です。

新品本については送料も無料なので、けっこう重宝しているのですが、

ポイント払いのときの支払い方法に落とし穴があり、気をつけないと余計なポイントや現金を支払わされることになるので、仕組みと回避方法等をまとめました。

楽天ブックスは全額ポイントで本が買える

楽天ブックスは、アマゾンやその他の通販サイト同様、独自のポイント(楽天ポイント)を使って決済することができます。

全額ポイント決済にすれば、一切現金を使わずに買えてしまうのでかなり便利です。

私もよく、溜まったポイントで漫画の新刊などを購入しています。

お財布を気にせず買えるのでなんだか得した気分なんですよね。

クレジットカード払いにしないと代引き手数料やコンビニ支払い手数料を取られる

ところが、楽天ブックスで楽天ポイントでの支払いをしようとすると、
デフォルトの状態では勝手に「代引き払い」や「コンビニ支払い」等に指定されてしまいます。

そして、表示料金に手数料が上乗せされます。

価格を見ると、本当に意味不明ですがしれっと上乗せされた状態になっています。

楽天ブックスのポイント支払い注意点

これでは、余分なポイントを消費されてもったいないです。

(※クレジットカードを登録してあれば、この状態にはならないかもしれません。が、楽天は二段階認証ができずセキュリティが不安なのでカードを登録したくないんですよね…)

余計なポイント消費を回避する方法

回避する方法は簡単です。

支払い方法を「クレジットカード支払い」にして、カード情報を入れます。

すると、右上の合計金額の欄が商品価格のみに戻っているのがわかると思います。

楽天ブックスのポイント支払い注意点

あとは、「ポイント利用」のところから、商品価格に合わせてポイントを指定して購入を確定すれば、完了。

楽天ブックスのポイント支払い

ポイント利用が正しく反映されていれば、きちんと図のように「ポイント利用 -XXX円」となっています。

このポイント利用の手順を絶対にお忘れなく!

これを忘れると普通にクレジットカードに請求がきてしまいます。
(実際一度やらかしてあわててキャンセルしました)

クレジットカードを持っていない場合は?

残念ながら、クレジットカードを持っていない場合は、クレジットカード支払いは使えません。

ですのでカードを持っていない場合は上記の方法はできないことになります。

ただ、Vプリカなどのクレジットカードがわりに使えるプリペイドカード番号を入力すれば使える可能性があります。

いずれにせよクレジットカード払いの記入をするとはいえ、実際にはクレジットカードで代金を支払うわけではないので、
WebMoneyが発行しているWebMoneyカードなどでも大丈夫かもしれません。(未確認)

楽天ブックスは便利なサイトではあるんですが、このひと手間をしないといけないのはなかなか面倒ですね。

 

それにしても、なんで同じ楽天系列なのに楽天銀行や楽天Edyでは払えないんでしょうね…不思議でしかたありません。

◆この記事を読んだ人にオススメ!

アマゾンで不具合品を交換してもらう手順まとめ

Amazonの配達が来ない!引越してないのに転居先不明の時の解決法

校倉

投稿者プロフィール

「戦国らいふ」は校倉が管理しているブログです。
ブログと管理人についての詳細はこちら。
連絡・お問い合わせは[email protected]まで。

※自分のことで精一杯なので、個人的な相談等には対応しておりません

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 スポンサーリンク


おすすめ記事

  1. 小説同人誌作りに役立つデザイン本
    2015年の6月ごろ、印刷所に頼んで初めて小説の同人誌を出しました。 それまでは、右も左もわかって…
  2. 少部数で安い同人印刷所
    同人誌を作るとき、コピー本やキンコーズも悪くはないけど、印刷所も使ってみたい。 でも大手の同人印刷…
  3. デザイン苦手レイアウトおすすめ本
    デザインとかレイアウトとか苦手!センスない!いつまで経っても初心者です! そんな筆者が基礎を学んだ…
  4. アマゾン 荷物届かない
    数日前にアマゾンで注文したBluetoothの機器とUSBの充電器が、 配達予定日になっても届かな…

記事を書いている人

校倉

ゲーム・創作活動・歴史などが好き。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

連絡・お問い合わせは[email protected]まで。

※自分のことで精一杯なので、個人的な人生相談等には対応しておりません

ページ上部へ戻る