あんまり知られてないけどマルマンクロッキー帳、万年筆と相性いいよ

創作活動・同人活動/画材・文房具・ツール/
マルマンクロッキー帳と万年筆の相性

学生のころから、マルマンクロッキー帳(SQサイズ)を愛用しているのだけど、こいつが存外万年筆インクと相性がいいのでぜひ推薦させてほしい。

このノートはサイズ感がとても良くて、とにかく持ち運びしやすい。

無地なので、モーニングノートや日常のメモ、創作や本来の用途である絵などなど、用途を問わないのがいい。

しかも、用紙が薄手なのに万年筆インクとの相性いいので、万年筆ユーザーにもおすすめできる。

私は万年筆インクはPILOTの色彩雫かセーラーの四季織をメインに使っているのだけど、マルマンクロッキー帳で裏抜けが起こったことはほぼない。(よほどインク溜まりを作らない限りは)

また、書き味も厚手のノート用紙に比べて引っ掛かりがなく、サラサラとストレスなく書ける。

そして紙が薄めなので、乾きも結構早い。

急いでメモを取りたいときやモーニングノートなど思考をざかざか書きたいタイミングにおいて、乾きが早いことはかなり重要だ。

とくに自分は左利きなので横書きをするとき、乾きが遅いと手にインクが付くことを気にしながら書かなくてはいけないので、にじまないことよりも乾きが早いほうがいい。

マルマンクロッキー帳は結構いろいろなキャラクターやブランドとコラボした商品も出ているし、通常品もマステやシールでデコるスペースがあるし、画材の取り扱いのある所では高確率で手に入るのも大きい。ヨドバシ.comでも手に入る。

どんなすごいノートだったとしても、入手手段が限られているのは困る。不意に「あっ、紙無くなる」となった時が最高につらいから。

リングタイプのマルマンクロッキー帳のサイズ展開は以下の通り。

サイズ用紙種別
ミニチュア(限定品)白、クリーム
SQ(≒B6正方形くらい。おすすめ!)白、クリーム
ポケット(≒ハガキ)白、クリーム、画用紙
S白、クリーム
M白、クリーム
L白、クリーム

ちなみに、マルマンクロッキー帳の次点で気に入っているのはツバメノート。

マルマンクロッキー帳ほど素早く乾かないが、ほどほど乾くLIFEノートやめちゃくちゃ乾きにくいMDノートに比べると乾きが早く、なによりこちらも手に入りやすくサイズ展開が豊富なのがいい。紙も厚く、裏抜けもほぼない。

ただし、ツバメノートのラインナップの中には「フールス紙」でないものもあるので注意が必要。(例:無地のA5サイズなど)

ツバメノート
¥510 (2024/04/24 15:15時点 | Amazon調べ)

製造をツバメノートが行っており、用紙が同じな「Thinking power Notebook」も、ツバメノート公式にはないサイズの展開が豊富なのでおすすめ。こちらは店頭では扱っている箇所が少なそうなので、ネットでの購入を推奨する。

TRPGの記録をつけるのに使っているA5横長・方眼タイプの「ネイチャー」がイチオシ。ミシン目入りで切り離せるので後でスキャンしたいときにも便利。