sousaku-hyouka

スポンサーリンク


イラスト、小説、漫画、媒体はともあれ、
とにかく評価されないなら創作活動自体をしたくない、と考えたことはないだろうか。

評価=モチベの構図

例に漏れず自分もその一人で、書いているものが誰一人の反応もなかった場合、極端にやる気をなくしてしまう。
早い話が、創作のやる気を他者の評価に依存している。
欲しい評価はわかりやすく、「ええやん」とか、「萌えるwww」くらいの軽いものでいいのだ。
(いやもちろんそれ以上の感想を貰えたら嬉しいに越したことはないし舞い上がって喜ぶが)
べつにランキング入りしたいだとか通知が鳴り止まない有名人になりたいだとかそこまでのものは求めていない。
とにかくなんでもいいから肯定的な反応が欲しい。
子供が描いた絵を親に見せに来るのとまったく同じ心理である。
どうもそこから進化していないということらしい。(マズローの欲求5段階説で言えば「承認の欲求」の段階から「自己実現の欲求」に移行出来ていない状態なのだろう)

当然、好きだから、これが描きたいからという理由で描いている創作者に勝てるはずもない。
これ描きたい!と思っても、反応が見込めなければ尻込みするし、いざ描いて反応がなければ次を描くやる気はしばらく奪われる。
もちろん、ジャンル柄やキャラクターのチョイスによる評価のされなさは、ネット創作SNS界隈において非常に大きなウェイトを占めているだろう。
けれども、「マイナーだからそもそも評価しに来る人自体も少ないのだ」と頭でわかっていても、評価ゼロ=自分の無価値さに繋げてしまう思考回路はなかなか治るものでもない。

評価されないとやる気が出ない人間が創作を続けるには

ではどうすればいいか。
評価されないとやる気がでないのだから、単純に言えば評価してくれる人を見つけるに限る。
加えて、ピクシブなど大手SNSは多くの人の目に留まりやすい反面、流れていきやすく、
「高評価のもののみが再度評価を受けやすい仕組みになっている」ということを予め念頭に入れておくと、評価されなかった際の比較的メンタルダメージは軽くて済む。
(Twitterの「最近の重要な呟き」とか)
ランカーになりたい、のような大志を抱く人は別として、そうでなく筆者のように「とりあえずなんでもいいから肯定的な反応がほしい」状態なら、いっそ肯定的な反応をくれる人にクローズドで見せる、というのは一つの方法である。
「衆目に晒して評価を得られなかった」というマイナスより、「○○さんに見せたらウケた」というプラスのほうが、たとえささやかだろうがプラスはプラスだ。
クローズド環境で見せれば、いいねの数を、上手い人と比較して激凹みすることもない。
餌が無く飢えて書けなくなるよりはマシだ。
内から意欲が湧き上がるタイプの創作者になるまでは、公開する場を選んだほうがいいのかもしれないと最近は考えている。

◆参考にさせていただいた記事
上記の悩みに非常に刺さる回答をしていておすすめです。

◆創作関係関連記事
久々にイラストを描く時はスケッチ模写からの再出発をすすめる理由

少部数かつ安く同人誌を印刷したい場合のおすすめ印刷所まとめ

漫画のペン入れが進まない時はコマに番号を振ると捗る

【正直】創作活動をやめたくなる瞬間5つとその対策まとめ【辛い】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


校倉

投稿者プロフィール

「戦国らいふ」は校倉が管理しているブログです。
ブログと管理人についての詳細はこちら。
連絡・お問い合わせは[email protected]まで。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 スポンサーリンク


おすすめ記事

  1. ff14-drk-macro
    ファイナルファンタジー14「蒼天のイシュガルド」で追加になったタンクジョブの一つ、「暗黒騎士」。 …
  2. 750to1060
    ファイナルファンタジー14では大型拡張「紅蓮のリベレーター」へアップデートされたことに伴い、必要・推…
  3. 車の運転練習で定山渓方面に行ったのですが、その沿線にあった「鬼そば」(札幌市南区)に立ち寄ったので、…
  4. illust-rehabilitation
    アニメ・漫画絵にとどまらず、絵を描く、イラストを描くことを趣味にしている人はとても多いと思います。 …
  5. ファイナルファンタジー14のパッチ3.45で追加になった、ディープダンジョン「死者の宮殿」の深層部(…
  6. 真田信繁を主人公に、乱世を生き抜く真田家を描いた2016年の大河ドラマ「真田丸」。 第1話、第2話…
  7. 和風絵系のイラスト技法書「和装の描き方」が、 とんでもない当たり本だったので、感動を胸にレビュー記…
  8. 以前紹介した、オンライン講義サイト「gacco」の講座「日本中世の自由と平等」を受講した際のノート代…
  9. justice_is_horrible
    この社会には、仕事に就き、経済的に自立しており、また精神面でも誰かに不健全に依存することなくいたって…
  10. ちまたにある萌え本と呼んでも差支えない戦国関係の資料本を紹介する企画です。 (さらに&helli…
 スポンサーリンク


記事を書いている人

校倉

ゲーム・創作活動・戦国ものなどが好き。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

連絡・お問い合わせは[email protected]まで。

ページ上部へ戻る