【FF14攻略】複垢を使ったパワーレベリングの注意点

FF14パワーレベリング

スポンサーリンク


ファイナルファンタジー14では、1つのスクウェア・エニックスアカウントにいくつもアカウントを作成し、同時にインすることが可能です。
(複垢、2垢などと呼ばれています)
複垢の最大のメリットとして、いわゆるパワーレベリングを行えることが挙げられるのですが、これには注意点もあります。
実際にやってみて、注意すべきところをまとめました。

そもそもパワーレベリングって?

パワーレベリングとは、有り体にいってしまえば「強引にレベル上げを行うこと」です。
複垢やフレンドを頼るなどで、レベルの低いキャラクターを強引に一気にレベル上げを行うことで、レベリングにかかる時間を短縮するのが最大の目的。
実際、パッチ3.4の時点でもメインクエストをゼロからすすめるにはレベル制限で引っかかってしまう箇所が幾つかあり、
時間をかけずにそこを突破したいのなら、どうにかしてレベルを上げる必要があります。

パワーレベリングの方法としては、「高レベル帯の雑魚狩り」「ギルドリーヴ」が代表的です。

ギルドリーヴでの超高速レベル上げについては、以下でまとめました。

 

複垢パワーレベリングの際はPTを組まないほうがいい!

複垢を使って同時にインしてパワーレベリングを行う際、牽引する側のキャラクターはおそらく高レベルまたはそのときにカンストレベルであることがほとんどだと思います。
メインキャラを使ってサブキャラのレベルを引き上げる、と言う形ですね。

で、この場合なのですが、「2人乗りチョコボ(グランチョコボ)」などの移動の恩恵を受けるために、サブキャラとパーティを組んでいることも多いと思います。
これなのですが、PTを組んだ状態だとパワーレベリングできません。

というのも、実際やってみようとして以下の条件で試してみたのです。

・牽引役はレベル60の暗黒
・レベルを上げたいサブキャラはレベル10未満
・パーティを組んだ状態で、ブラックブラッシュ付近のアクティブなアリがいるところ
・サブキャラがファーストアタックを入れ、牽引役が範囲ヘイト技で一撃で仕留める

そうしたら何が起きたかというと、
サブキャラには一切経験値が発生しませんでした。

原因は不明ですが、おそらく一緒にPTを組んだキャラクターのレベルが高過ぎたのだと思われます。

ですので、複垢パワーレベリングを行う際は、

・「パーティを組まない状態で」自動追尾を行う
・所定の場所でファーストアタックを入れた後、牽引役に処理してもらう

これが一番良い方法だといえます。

※この方法は、パッチ4.5で実装された青魔道士のレベリングにも使えます。

パワーレベリングは衰退気味?ディープダンジョンが高効率

今回、パワーレベリングを実際にやってみて感じたのですが、新生エオルゼア販売当初に比べて低レベル帯のレベルの上がりやすさがかなり改善されているためか、
野良モンスターを狩るタイプのパワーレベリングはわざわざやる必要性は薄いと感じました。

パッチ3.4現在ではディープダンジョン「死者の宮殿」に行けるのならこちらで経験値を稼ぐほうが効率が良いです。
アーマリーボーナスのない1ジョブ目であっても、ID周回よシャキりやすい&お宝ゲットもあるので、レベルに詰まった際はパワーレベリングよりもこちらを推奨します。

また、複垢を行っていて片方のキャラで装備を作成できるのであれば、通常のインスタンスダンジョン(ID)周回も鉄板としておすすめです。
レベル制限で詰まりやすい箇所(レベル25~30、35~44)あたりの装備を作成できれば、かなり楽にやれると思います。

◆FF14攻略情報関連記事

【FF14攻略】サブキャラ育成!どこが大変?どこがメリット?

【FF14攻略】ディープダンジョン「死者の宮殿」51Fの突入最低強化値と雑感

【FF14攻略】へっぽこ暗黒騎士でもできた極女神ソフィア攻略法

【FF14攻略】初心者でも出来る金策・節約術のまとめ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


校倉

投稿者プロフィール

「戦国らいふ」は校倉が管理しているブログです。
ブログと管理人についての詳細はこちら。
連絡・お問い合わせは[email protected]まで。

※自分のことで精一杯なので、個人的な相談等には対応しておりません

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 スポンサーリンク


おすすめ記事

  1. 伊藤ハム通好み「ミミガー」
    沖縄料理の一つで、コリコリとした食感が特徴の「ミミガー」(豚の耳)。 物産展や沖縄料理屋でしか…
  2. gacco
    NTTドコモが運営のオンライン講義サイト「gacco(ガッコ)」なるすごいサイトを発見したのでご紹介…
  3. 真田丸の北条家
    私も毎回楽しく視聴しているNHKの大河ドラマ「真田丸」。 出浦昌相の溢れ出る色気や格好良さだったり…
  4. FF14FCランク
    ファイナルファンタジー14のフリーカンパニー(以下FC)は、ランクを上げると様々なことが出来るように…
  5. 戦国大戦
    昨今ではソーシャルゲームの流行もあり、数多くの戦国ゲーが生み出されてきましたが、 これらゲームの利…
  6. 和装の描き方
    和風・歴史系のイラストに特化した技法書「和装の描き方」が、 とんでもない当たり本だったので、感動を…
  7. 気になる戦国武将
    ゲーム、漫画、小説…戦国時代へハマるきっかけはいろいろありますが、 気になる戦国武将ができたらまず…
  8. PCパーツと取替え難易度
    パソコン(PC)を買うときやパーツを交換するときに、何が重要でどこを替えるのが大変なのか意外と体系的…
  9. 元祖辛味噌ラーメン 海老秀 狸小路二丁目店
    北海道の札幌と言えば味噌ラーメンですが、 その中のバリエーションの一つにエビ系味噌ラーメンがありま…
  10. 戦国大戦の尚円王
    「戦国大戦1477-1615日ノ本一統への軍記」で追加になった新カード、他家西「尚円王」。 カ…
 スポンサーリンク


記事を書いている人

校倉

ゲーム・創作活動・歴史などが好き。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

連絡・お問い合わせは[email protected]まで。

※自分のことで精一杯なので、個人的な人生相談等には対応しておりません

ページ上部へ戻る