同人誌の自家通販おすすめ発送方法まとめ(2017年4月版)


スポンサーリンク


自分の発行した同人誌を通販する際、どうやって送るのが一番安いのか。
買ってくれる人がいるのは嬉しいものの、早く&安く送りたいサークル主としてはどの方法を使えばいいのか悩ましいものです。
クロネコメール便が使えなくなった今、おすすめの発送方法を自分なりにまとめてみました。

現在は日本郵便系の方法でほぼ一択

以前はクロネコヤマトがやっているクロネコメール便が一番安く(最小サイズで82円)、
とにかく安いのと封筒さえあればOKだったうえ、コンビニからも送ることが出来て、
同人誌の通販にもこれを使って発送しているサークル主が多かったと思います。

ですがクロネコメール便の個人利用は2015年の4月に終了してしまいました。
このため現在では日本郵便(郵便局)の発送方法にほぼ限られるような状態となりました。

以下、おすすめの発送方法を名前とおおよその価格・メリット・デメリットを挙げてご紹介していきます。

なお、紹介している発送方法はすべてポスト投函OKのものです。

クリックポスト(164円~)

郵便料金 164円
支払い方法 クレジットカード
銀行口座
(要YahooID・Yahooウォレット登録)
厚さ・サイズ 長辺34cm以まで
短辺25cmまで
厚さ3cmまで
重み 1kgまで
信書(手紙)  不可
保証・追跡 追跡あり
日祝配達あり

クリックポストの使い方は、以下のとおり。

1:YahooIDを用いてクリックポストのHPにログイン
2:Yahooウォレットで支払い
3:発送品の詳細・発送先などを記入して自宅プリンタで宛名ラベルを印刷
4:ラベルを貼ってポストに投函

このため、クリックポストを使うのにはYahooIDとYahooウォレットの登録、およびクレジットカード・指定銀行口座の登録が必要になる。

・Yahooウォレットで支払いに使えるクレジットカード会社
VISA
MasterCard
JCB
ダイナース
American Express
・Yahooウォレットで支払いに使える指定銀行
ジャパンネット銀行
楽天銀行
みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行

※Yahooウォレットではキャンセル時料金の受取にゆうちょ銀行が指定できるものの、支払いには使えないので注意。

クリックポストのメリットはとにかく安いこと。

厚さは3cmまでOKなので、本ならかなりの冊数や厚みが可能で、中サイズのグッズも送れる。
追跡サービスや日祝の配達もあるため便利。

封筒やラベルは自分で用意する必要がある。

ただし、プリンタを持っていない人は使えないうえ、
一度に受け付ける数が少なかったり、たまにしか通販の申し込みが来ないサークルにはログインや入力作業が手書きより手間というデメリットはある。

手間を惜しまず、安くしたいという人向けの発送方法。

参考:クリックポストの使い方(郵便局ホームページ)

スマートレター(180円・A5サイズ)

郵便料金 180円
支払い方法 現金・切手
厚さ・サイズ A5サイズ・2cmまで
重み 1kgまで
信書(手紙)
保証・追跡 なし(普通郵便扱い)

スマートレターは郵便局が発売している専用の封筒に内容物を入れて発送するタイプの仕組み。

封筒自体は180円で窓口で購入できる。
郵便局の切手通販サイト「切手SHOP」でも購入可。
コンビニでも、一部取扱い店舗では買える。

東京地域から販売がスタートし、全国各地に順次発売拡大ということだったが、2016年4月現在、札幌市では購入可能になっていた。

封筒サイズはA5サイズ本が入るくらいの大きさ。
このため、B5サイズが主流のジャンルでは使いにくい。

逆に言えば、A5サイズ本中心のサークルには、送料と使い勝手のバランスが取れていて最も適した発送方法。

ゆうメールと異なり、雑貨なども送ることができるのでグッズ通販にも適している。
レターパックのように内容物の種別を記載する欄はない。

封筒代は現金払いができるので、送料をネットで決済することに不安がある人にも良い。

スマートレター用の封筒は以下のような感じ。ちょっとファンシー系?

dojin-hasso01_01

ゆうメール(180円~・重量課金)

郵便料金 180円~
重量に応じ加算
支払い方法 現金・切手
厚さ・サイズ 縦横高さあわせて1.7mまで
重み 150g~3kgまで
信書(手紙) 不可
(無封の添え状は可)
保証・追跡 なし(普通郵便扱い)

ゆうメールは重さに応じて値段が変わる発送方法。
内容物の種別に対する制限がある。

送ることができる物は主に「冊子(本)やCD・DVD」。
詳しくは郵便局のサイトで公開されている。

参考リンク:ゆうメールとして送付可能なお荷物

封筒は自分で用意する必要があり、「ゆうメール」と宛名横に書き、一箇所内容物が分かるように隙間を作っておかなければいけない。
(蓋をした角をハサミで一部切り取るのが一般的)

封筒だけでなく箱の形をしていても送ることはできるが、内容物がわかる隙間がないと突っ返される。
また、雑貨などを送ることはできないので、グッズ通販には使いづらい。

封筒を自前で用意する必要があるため、サークルオリジナル封筒などを使いたい場合は適している発送方法。

サイズ制限も一応あるが、B5・A5サイズの本が中心なら使いやすい。

レターパックライト(360円)

郵便料金 360円
支払い方法 現金・切手
厚さ・サイズ A4サイズ・3cmまで
重み 4kgまで
信書(手紙)
保証・追跡 追跡番号あり
(速達扱い)

レターパックライトは360円で、専用封筒に入るサイズのものを4kgまで送ることができる方法。

サイズ制限がA4サイズと同人用途としてはそこそこ大きく、内容物もゆうメールほど厳しく問われないため、
イラスト集やノベルティ付きアンソロジーなどの通販にも使える。

ただし、内容物の記載欄があり、書かずに送ると相当遅く着く(らしい)。
窓口で出す場合は必ず書かされるので、同人誌の場合は「本」などと記載しよう。
グッズ通販の場合「雑貨」は不可となることがあるので「アクリルキーホルダー」や「缶バッジ」など、
品名をきっちり書いたほうが無難。

また、レターパックライトは速達扱いとなり、追跡番号もある。

万が一のことが心配なサークル主さんに適した発送方法。

一方で、受取はポスト投函なのでハンコを必要とせず、購入者にも便利。

デメリットは冊数が少ない場合、送料が高くつくこと。

レターパックライトの封筒は以下のような感じ。意外と大きい。

dojin-hasso02

・余談

レターパックプラス(510円)というよりより厚めの荷物用のものもありますが、
こちらは通常の同人誌通販ではほぼ使わないと思いますので、ここでは紹介しません。
(レターパックプラスはレターパックライトと違って受取にハンコが必要なので、自家通販用に使うには使い勝手が微妙)

書店委託・倉庫サービス

最後は番外編、書店委託や倉庫サービスを活用する発送方法。

書店委託とは、とらのあな・メロンブックス(男性向け)・CQWEB(女性向け)などの大手同人誌取り扱い業者に本を委託すること。

倉庫サービスとは、BOOTH(pixiv)やアマゾンなどの倉庫に本の在庫を預け、発送を委託する方法。

正直な所、相当数の申し込みがあるサークルや、いちいち通販対応をするのが面倒だという場合はこれらの委託・倉庫を活用することをすすめます。
ただし、倉庫に預かってもらう関係上、管理料としてお金がかかる場合がほとんどです。

また、書店委託は数ヶ月すると委託期間が終わって返送されてくるときに返送料がかかるので、そこが気になる場合は自宅通販の方が良いことも。

書店委託は利用者(=購入者)が多いことから、ほかの人の同人誌と一緒に買ってもらいやすいというメリットがあります。
販売までに審査があることも関係しているのか、自家通販よりも売れることが多いです。

※アマゾンに委託できるのは、オリジナル(一次創作)の同人誌に限られます。
やり方など詳しくは、アマゾン委託請負サービス「密林社」のサイトなどをご参照ください。

まとめ:目的別発送方法のおすすめ

以下、最後のまとめとして目的別に発送方法のおすすめ例を書いておきます。

とにかく安く送る=クリックポスト

A5以下で冊数少なめ×頻度少なめ=スマートレター

厚い本が複数/早く届けたい=レターパック

切手や封筒が余っている=ゆうメール

サークル独自の封筒で送りたい=ゆうメール・クリックポスト

以上、同人誌の自家通販を行う際のおすすめ発送方法まとめでした!

それでは、よい同人ライフを!

◆関連の参考資料

書店委託サービスの説明&各社を比較している記事。

アマゾン委託請負サービス「密林社」のサイト。

pixivが展開するショップ作成サービス「BOOTH」サイトにも、梱包・発送方法のレクチャーページがあります。

「BOOTH」の詳しい使い方は「BOOTHマニアックス!!」の記事が画像も多く参考になります。

「検索・公開に対してシビアなジャンルだけど、ショップページを作って対応を自動化したい」という場合は、
検索避け機能・パスワード制にできる「ピコ通販」というサイトも。

◆こちらもあわせてどうぞ

少部数かつ安く同人誌を印刷したい場合のおすすめ印刷所まとめ

フルカラーが格安でカバーも無料なONEBOOKSで同人誌を印刷してみたまとめ

ラベルはがしを使って委託用見本誌を再利用可能にできるか実験してみた

小説同人誌を作るにあたって参考にした3つのデザイン関連書籍たち

電子書籍販売サイト「パブー」に創作同人誌を登録するときのやり方(PDF)

同人誌の自家通販をやる時に用意すると便利なものをまとめてみた

スポンサーリンク


校倉

投稿者プロフィール

「戦国らいふ」は校倉が管理しているブログです。
ブログと管理人についての詳細はこちら。
[email protected]

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 スポンサーリンク


おすすめ記事

  1. 以前紹介した、オンライン講義サイト「gacco」の講座「日本中世の自由と平等」を受講した際のノート代…
  2. ウェブで話題になっていた『マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人にな…
  3. 「Facebookをやってみたいけど、日本語版は性別欄が男女の2つしかないしな…」とがっかりしている…
  4. ファイナルファンタジー14では、ゲーム内結婚とも言える「エターナルバンド(エタバン)」というシステム…
  5. 札幌市中央区を走る市電「西線9条旭山公園通」駅にほど近いこじんまりしたアパートの一角に、 モチモチ…
  6. 戦国大戦の群雄伝の影響もあって、最近は謙信の父・長尾為景にハマって(?)います。 為景といえば…
  7. ファイナルファンタジー14のパッチ3.2時点で発売された「蒼天のイシュガルド クラフター&ギャザラー…
  8. discord-authenticator
    ゲーマー向けのSkypeとも言える通話&チャットツール「Discord」。 昨今のサービスは二段階…
  9. 和風絵系のイラスト技法書「和装の描き方」が、 とんでもない当たり本だったので、感動を胸にレビュー記…
  10. 2016/3/2、イラストSNS最大手Pixivがイラストの講座動画サイト「sensei(センセイ)…
 スポンサーリンク


記事を書いている人

校倉

ゲーム・創作活動・戦国ものなどが好き。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

[email protected]

ページ上部へ戻る