性別違和感があると究極の選択を迫られやすいという話

seibetsuiwa-sentaku

スポンサーリンク


自分の性別が「男女」どちらの枠にもないと感じる、「性別違和感」を持っている人(FtX、MtXなどのXジェンダー)にとって、
性別を問われることや人間関係はしばしば、意図しない形で精神的に脅威となる。
極端な表現であるが、自分に嘘をつくか、機会を手放すかの二択を迫られやすいのである。
今回はそれついての考察をしてみたので、同様のことで悩んでいる方の参考や慰みになれば幸いだ。

※解決策は思いつかないので書いてないです。あるなら教えて欲しい!

性別記入欄

各種サービスの登録画面にいくと、性別を問われて困った当事者も多いことだろう。
多くの場合において選択肢は男女しかない。しかも、記入必須の場合が多すぎる。
単なる男女比のアンケート以上の意味がないのなら、「その他」を追加するかいっそ廃止してほしい。
※医療など、身体的性別がわからないと困る場合は除く

「サービス利用における男女比が統計やマーケティング上必要」とかのたまわれそうな気もするが、
そういうことならなおさらそれ以外の選択肢を付けないのはなぜなのか。
男女以外に当てはまる人口が一定数利用者に存在する(=お客にいる)という事実は、マーケティングのデータとしても使えると思うのだが。
他に変わりがないから使っているとは言え、存在を黙殺されるようなサービスには好印象を抱きにくい。

サービスを利用したければ自分のことについて嘘をつくしかないし、自分に嘘をつかないでいたいとなればサービスを利用できないということになる。
そんなわけで、筆者は登録時に性別記入を要求してこない、あるいは男女以外の選択肢があるサービスが大好きである。

サービスの例としては、
・小説家になろう(その他がある)
・英語版Facebook(日本語版と違い、性別欄にいろいろ種類がある)
・Deviantart(英語版ピクシブのようなサイト)

などがある。他にも増えているかもしれない。

性別欄に関する記事は以前にも書いたので、興味のある方はこちらもどうぞ。

交友関係

究極の選択を迫られやすいと言えば、交友関係もその一つだ。
真の意味で仲良くなりたかったら性別違和のことをカミングアウトしないと話せないことが多いし、
カミングアウトしなければ本当のことを黙ったままそれなりの距離でしか付き合えない。

若い人を中心に「男だから~」とか「女だから~」という考え方を押し付けてくる人は少なくなったものの、
それでもやはり性別違和のことを告げていない場合、相手はぱっと見でわかる性別でこちらを扱ってくるし(それは仕方がない)、
「私達、同性(異性)だよね」という視点に立った共感や共有には「違うんだけどなぁ…」という申し訳無さを覚えながらお付き合いすることになる。
(こちらだけが)非常に気まずいのである。

嘘を付くのに抵抗がないタイプの人ならいいだろうが、バカ正直な筆者は「嘘を付いたまま人付き合いをする」のが胃をかきむしられるほど苦痛を感じるので、結果的に性別違和を告げられないような交友関係は作るまいと、どんどん内向きになっていってしまうのだ。
「理解が得られないと生きづらい」というのは種類を問わずマイノリティを抱えた人ならなんとなく理解してもらえるのではないかと思う。
障害や病気に限らず、性別違和を抱えている人間もそういう思いを持っているということは伝わって欲しい。
(発達障害を持っている人の中には性別違和持ちが多いという話もあるので、そういう場合は「顔見知りだけど事情を話してない人」との関係が二重にしんどい。筆者もそうである)

心が荒んだときはモフモフした何かで癒されるに限る。抱きまくらは癒やし。

◆性別違和やXジェンダー関係の記事 こちらもあわせてどうぞ
「小説家になろう」は性別「未登録」が選べる!性別違和感持ち創作者に朗報

Xジェンダーが思う入れ物としての体の認識-所属感がないという所属

性別欄を撤廃できないならせめて「男・女」以外の表現にしてほしい

Xジェンダー向け!Facebook日本語版の性別欄を自由に変更する方法まとめ

性別違和感を打ち明けた時安易に「わかる」と共感されることについて

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


校倉

投稿者プロフィール

「戦国らいふ」は校倉が管理しているブログです。
ブログと管理人についての詳細はこちら。
連絡・お問い合わせは[email protected]まで。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 スポンサーリンク


おすすめ記事

  1. パソコン用セキュリティ(アンチウイルス)ソフトの定番として人気のノートンインターネットセキュリティ。…
  2. CLIPSTUDIOPAINTのワークスペースは、カスタマイズ性が高いのが魅力。 各種パレットの位…
  3. 750to1060
    ファイナルファンタジー14では大型拡張「紅蓮のリベレーター」へアップデートされたことに伴い、必要・推…
  4. 乃至政彦先生の「上杉謙信の夢と野望 (歴史新書y)」、ちょっと前の本ですが、 戦国大戦の群雄伝、長…
  5. 絵の資料を検索していたらどういうわけか着ぐるみ画像に行き当たり、 見ていたら「そういや身体=着ぐる…
  6. 同人誌を作るとき、コピー本やキンコーズも悪くはないけど、印刷所も使ってみたい。 でも大手の同人印刷…
  7. イラスト・漫画・小説などにかぎらず創作活動をしていると、ふとした瞬間に魔が差したように筆を折りたくな…
  8. ac-ext
    グラフィックボードの交換に合わせてPCの電源パーツを交換することになったのですが、いまいちどれを選ん…
  9. 昨今はSNSで交流をしながら創作活動をすることが主流となり、 閲覧者の反応や旬のジャンルの勢いが目…
  10. 2016/3/2、イラストSNS最大手Pixivがイラストの講座動画サイト「sensei(センセイ)…
 スポンサーリンク


記事を書いている人

校倉

ゲーム・創作活動・戦国ものなどが好き。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

連絡・お問い合わせは[email protected]まで。

ページ上部へ戻る