家から出ずに映画を1本だけレンタルしたい?ならAmazonのプライムビデオだ!

レンタル映画はAmazonプライムビデオが便利

スポンサーリンク


映画を見たい気分のときにレンタルしよう!と思っても面倒なことってありますよね。
ゲオやツタヤにいけば旧作は100円で借りれたり、お安かったりするにもかかわらず、
そのまま面倒で「やっぱ見るのいいや」と思ってそのまま…というパターンも少なくないと思います。

私はまさにそれでして。家から出たくないんですよ。疲れるし。

というわけで、
「とにかく家から出ずにとにかく今気になる映画をレンタルしたい」
「でも月額サービスはお金かかるし手続きとかいろいろ面倒だからイヤ」
というものぐさなあなたに向けて、

Amazonのプライムビデオがいかにおすすめかということをまとめました。
初めて使う人のために、借り方(画像つき)や価格、クーポンについても書いています。

「あ、見よう」とおもってサクッとワンステップで見れるのは本当に快適です。超便利。

映画は見たいがいろいろ結局見ない理由

不満1:映画のレンタル、実店舗に借りに行く場合は店舗まで行くのが面倒

実店舗に借りにいくとなると、
徒歩あるいはなんらかの交通機関を使って借りに行かないといけないので、

面倒臭い!!!!!!

返しに行く手間を省ける郵送返却もありますが、追加料金を取られます。
(TSUTAYAだと、CD換算で6枚で108円かかる)

交通機関で行く場所だとそれに加えて交通費もかかるので、
1本100円のレンタルのはずが結局高くつくことも多いです。

不満2:家に居ながらレンタルできるサービスは月額のものが多い

家に居ながらレンタル系のサービスも最近は結構ありますね。
Tsutayaディスカスなんかが有名でしょうか。

ただ、しきりにネットでおすすめされているけど、月額を払うほどの数は見ないんですよ。
某サービスでは8本見れば元は取れるらしいですが、
1ヶ月に8本も見ない月のほうが多いので。
CDレンタルを頻繁にするならいいのかもしれませんが、それもたまにしかしないですし。

正直割高です。

しかも入会にも退会にも手続きがいろいろあるし、
それ用のアカウント作らなきゃいけないしで。

これも面倒臭い!!!!!!!!

…というように、
「店舗にいかなくていいネット完結型で」
「店舗レンタルみたいにサクッと1本借り切りができるサービスはないか?」
と探したところ見つけたのが、Amazonのプライムビデオでした。

Amazonプライムビデオの特徴と利点

Amazonプライムビデオは、大手ネット通販Amazonが提供する動画配信サービスです。

24時間いつでも借りれていつでも見れ、
返しに行く手間もないので交通費もかからずかなり割安。
(期限が切れたら見れなくなるだけで、手続きとかも不要)

一ヶ月に映画やアニメを10も20も見るのでなければ、
レンタル系月額サービス(Tsutayaディスカスとか)に加入するよりもお得。

レンタルだけでなく購入も可能だけど、ここでは割愛します。
(個人的にはどうせ買うならデータ配信で買うよりディスクがいい懐古派です)

プライム会員じゃなくても使える

Amazonプライムビデオは、
Amazonのアカウントがあれば誰でも使えます!

ただし、プライムビデオという名前の通り、Amazonプライム会員だと見放題だったり、会員でないと見れない物もあります。

とはいえ、プライム会員になっていなくても見れるものはとても多いので有名作や少し前の映画を見るのにはとても便利です。

視聴の手段

PC:ブラウザ
スマホやゲーム機、スマートテレビ・ブルーレイプレーヤー、タブレットなど:Amazonプライムビデオアプリ

すごくないですか?
PCだと何の準備もいらずにいきなりYoutube感覚でブラウザから見れるんですこれ。
起きる元気はないけど映画見たいってときに、アプリで寝っ転がりながら見れるのも嬉しい。

レンタルの情報はAmazonのアカウントで管理しているので、同じアカウントでログインすればPCからでもスマホからでも好きに見れます。
PCだとブラウザ使用なのでブルーレイやDVDのトレイがないPCでもいける。

iTunesはスマホからレンタルしてしまうとPCでは見れないらしいので、利便性の面でAmazonに一歩劣る感じでした。
ただ、AmazonプライムビデオではレンタルしていないものがiTunesにはあったりするので、一長一短かな?
(シャークネードの1作目とか)

価格

価格:1本につき200円~400円くらい(2018/6時点)

画質を落として安く借りることもできます。
これについては後述。

レンタル期限

期間:視聴するまでは30日間、一度視聴してからは48時間

今すぐとか、その日の晩に見る分には全然問題ない長さです。

Amazonプライムビデオの使い方

レンタル(購入)方法

視聴したいビデオのページを開きます。

Amazonプライムビデオ商品ページ

レンタルをクリックすると決済が行われます。

PC(ブラウザ)の場合、そのまま再生が始まります。

非プライム会員がスマホ等で見たい場合は、
今の所アプリからは単発レンタルできないようなので、

PCでレンタル(決済)→アプリで視聴
という流れになります。

※注意※
この時、確認ダイアログなどは出ないので誤購入に注意!!
(一応誤購入に対する保証はありますが)

お得にレンタルする方法

商品ページトップには「HD画質(高画質)」と「購入」しか表示がありませんが、
「その他の購入オプション」をクリックしてみましょう。

Amazonプライムビデオ安く借りる方法
こんな感じの画面が出てきます。
「SD画質(標準画質)」の値段を見てみてください。

そうです、「HD画質(高画質)」より100円くらい安いんです。

実は、Amazonプライムビデオには、
HD画質で借りた場合でも、お使いのモニタが対応していないとHD画質で再生されないというからくりがあります。
(=SD画質での再生になる)

ですので、とくに画質にこだわりのない場合はSD画質で安く借りるのをおすすめします!

割引クーポンがある場合はも「その他の購入オプション」のところから入力するようになっています。

※作品によってはHD画質とSD画質の価格が同じものもあります。

Amazonプライムビデオにクーポンはある?

時々、ディスカウントクーポン(期限付き)が配信されることがあります。
→例:「Amazonビデオ200円クーポン 2017年1月9日まで」など。

また、週末だけ対象作品がレンタル100円になる「週末映画」キャンペーンなども行われています。

クーポンが配信されているかどうかは公式サイトを確認してもいいですが、
Amazon(アマゾン)割引クーポンコードまとめ」のような、
クーポン情報をまとめてくれているページだと一覧になっているので、確認が楽です。

Amazonプライムビデオで使える支払い方法

  • Amazonギフト券
  • クレジットカード払い

Amazonギフト券の残高がある場合、先にそちらから使用されます。

銀行・コンビニ支払いなどは使えません。
クレジットカードが使えない人の場合は、
Amazonギフト券であらかじめアカウントにチャージしておきましょう。

また、通常の買い物と異なりAmazonポイントは使えません。

Amazonプライムビデオのデメリット

字幕版と吹替版が別商品扱い

Amazonプライムビデオでは、洋画の字幕版と吹替版は別商品です。
どっちも見たい場合は2回レンタル購入する必要があります。

とはいえ、初めて見る映画を2回も見るかどうか考えると、
そんなにデメリットでもないかも。

吹替版で字幕が表示できない

普通のレンタルだと、音声は吹替版にしつつ、
字幕も表示することができる作品もありますが、
Amazonプライムビデオではこれはできません。

吹替版はあくまで字幕なしなので、
セリフを聞き逃したらおとなしく巻き戻して聞き直すしか無いようです。

 

とまあ、つらつら書きましたが!!
「家から出ずに」「面倒な手続きなく」映画レンタルができるサービスとして、
Amazonプライムビデオはめちゃくちゃ便利です。
この間なんか1日2本も見てしまいました。

ものぐさだけど時々映画見たくなるんだよねーという方、ぜひどうぞ。

Amazonプライムビデオ

◆Amazonプライムビデオ 参考になる記事

コスパは高いが満足度は低い?「Amazonプライム・ビデオ」5つの魅力と3つの弱点

◆この記事を読んだ人にオススメ!

アマゾンで不具合品を交換してもらう手順まとめ

Amazonの配達が来ない!引越してないのに転居先不明の時の解決法

ノートンの期間延長はパッケージ版だと要注意!?気をつけることまとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


校倉

投稿者プロフィール

「戦国らいふ」は校倉が管理しているブログです。
ブログと管理人についての詳細はこちら。
連絡・お問い合わせは[email protected]まで。

※自分のことで精一杯なので、個人的な相談等には対応しておりません

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 スポンサーリンク


おすすめ記事

  1. steam-webmoney
    PCでゲームをプレイする人には馴染みの深いゲーム配信プラットフォームのSteam。定期的にセールを開…
  2. 戦国ファッション図鑑
    2016年2月10日に発売になりAmazonでもベストセラー1位を獲得した『戦国ファッション図鑑 イ…
  3. 性別欄
    性別違和感を抱える人にとってやっかいな、各種書類や会員カードの「性別欄」。 できればなくなってほし…
  4. 歴史学とは武士とは何か
    以前紹介した、オンライン講義サイト「gacco」の講座「日本中世の自由と平等」を受講した際のノート代…
  5. 謙信公と17将
    いつものようにtwitterで情報収集をしていたところ、「越後上越 上杉おもてなし武将隊」(@ues…
  6. FF14レベル60
    ファイナルファンタジー14では、サブキャラを作成して遊んでいる方も少なくありません。 この度サブキ…
  7. 戦国大戦
    昨今ではソーシャルゲームの流行もあり、数多くの戦国ゲーが生み出されてきましたが、 これらゲームの利…
  8. ココナラの文字単価
    「簡単なお願いごとを500円から」!クラウドソーシングの登竜門として、また簡単なスキルを売ってみると…
  9. CLIPstudioのワークスペース
    CLIPSTUDIOPAINTのワークスペースは、カスタマイズ性が高いのが魅力。 各種パレットの位…
  10. 外で働く
    通常、働くといえば会社に雇用されて通勤を要するものを指すことが一般的だ。 だけど、この「外に出て働…
 スポンサーリンク


記事を書いている人

校倉

ゲーム・創作活動・歴史などが好き。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

連絡・お問い合わせは[email protected]まで。

※自分のことで精一杯なので、個人的な人生相談等には対応しておりません

ページ上部へ戻る