【FF14攻略】エーテライトペンデュラムを使ってみた!テレポ先などのまとめ

FF14エーテライトペンデュラム



ファイナルファンタジー14の友達招待キャンペーンで入手できる、「エーテライトペンデュラム」。
オンラインステータスが「ビギナー」のフレンドの最寄り拠点へ無料でテレポできる機能が解放されるアイテムですが、「最寄り拠点」の判別が意外と厄介だったりしました。
意外と使ってみたことを書いている人を見かけなかったので、覚書程度に使い勝手について以下でまとめます。

意外と制約が大きいエーテライトペンデュラム

オンラインステータスが「ビギナー」のフレンドの最寄り拠点へ無料でテレポできる機能!ということで、
「これ、無限に無料テレポしほうだいじゃん!」とわくわくしていたのですが、実際に使ってみると結構不便な点が浮かび上がってきました。

無料テレポをするにはわざわざ「フレンドリスト」にアクセスする必要がある

まず、エーテライトペンデュラムの無料テレポ機能はぶっちゃけどこにあるかぱっと見わかりません!
無料テレポを使いたかったら、フレンドリストからわざわざテレポしたい対象を選ぶ必要があります。
そこで右クリックやメニューを開いて初めて「最寄り拠点にテレポする」の項目が出てきます。

若葉のフレンドのところへ単にテレポするだけでは普通にギル、取られます。

さらに、フレンドリストをいちいち開かないといけないのはなかなか面倒です。フレンドが多いと探すのも大変ですしね。
なお、移動したい相手が同じFCやLSにいたとしても、フレンドリストからでないと「最寄り拠点へテレポ」機能は使えません。
これも面倒な部分の一つ…「パーティに誘う」とかと同じく、どこからでも使えればまだ便利だったんですが…

 

「最寄り拠点」が「最寄り」じゃない

ずばり、どっちかというとこれが一番厄介でした。
具体例をあげますと、西ラノシア:エールポートに若葉キャラがいる場合に、別キャラがそちらへテレポを使います。

すると、「エールポート」ではなくなぜか「スウィフトパーチ入植地」に飛ばされます。

aetheryte-pendulum_01

なんでだよ!?

どういう仕組みで最寄り拠点を判定しているのかよくわかりませんが、何度やっても結果は同じでした。
同じエリアに2つのテレポ先があると上手に機能しないようです。

あと、移動先にしたい若葉キャラクターがPTを組んでるとこの機能、使うことが出来ません。
これもエーテライトペンデュラムの微妙さに拍車をかけているポイントです。
(バディチョコボでもPTを組んでいるとテレポNGでしたが、3.5のバディチョコボ機能の改変でこのあたりは変わるかも)

せっかく友達招待キャンペーンでもらえるので使ってみようと思ったエーテライトペンデュラムでしたが、
実際に試してみるとなかなか面倒な部分のほうが大きく、素直に普通にテレポしたほうがいいや…と思ってしまうことが多く、今ではほとんど使っていません。
テレポ代をケチりたいなら、おそらくカンパニーアクションの「テレポ割引2」やモブハント交換の「転送網利用券」のほうが楽に節約出来るかと思います。

◆FF14攻略関連記事

【FF14】新規サブキャラレベル60までの所要期間は約一ヶ月!

【FF14攻略】サブキャラ育成!どこが大変?どこがメリット?

【FF14攻略】複垢を使ったパワーレベリングの注意点

【FF14攻略】30分以内にレベル1→15に!?ギルドリーヴ代行で超高速レベリング方法

校倉

投稿者プロフィール

「戦国らいふ」は校倉が管理しているブログです。
ブログと管理人についての詳細はこちら。
連絡・お問い合わせはsengokulife1059@gmail.comまで。

※自分のことで精一杯なので、個人的な相談等には対応しておりません

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 スポンサーリンク


おすすめ記事

  1. 安易な共感
    性別違和についての考え事のログです。 性別違和感を打ち明けた際、欲しいのは共感でなく受容であり安易…
  2. 桂林院
    真田信繁を主人公に、乱世を生き抜く真田家を描いた2016年の大河ドラマ「真田丸」。 第1話、第2話…
  3. 侍のプリン
    目を引く武士のパッケージイラストが特徴のプリン本舗「侍のプリン」。 苦めのカラメルが売りの、札幌発…
  4. 性別違和感やXジェンダーが嫌な言葉で悩んだ時に使える思考の変え方
    最近はLGBT研修、なんて言葉も聞かれるようになってきたものの、まだまだ日本ではセクシュアルマイノリ…

記事を書いている人

校倉

ゲーム・創作活動・歴史などが好き。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

連絡・お問い合わせはsengokulife1059@gmail.comまで。

※自分のことで精一杯なので、個人的な人生相談等には対応しておりません

ページ上部へ戻る