セール期間外にPC版隻狼(sekiro)を一番安く買うならAmazon!その理由

隻狼安く買うには

スポンサーリンク


フロム・ソフトウェアとActivisionの戦国アクションゲーム「隻狼(sekiro)」。
発売からしばらく経ちますが、根強い人気の本作。
セール期間外に今すぐ購入したい!と思ったときに、一番安く手に入れる方法を探しました。
結論から言えばAmazonで買うのが安いのですが、その理由についてまとめます。
Steamクライアント上で買うほうが安くなる場合についても書いておきました。
※PC版(Steam)の情報になります。

セール外ではAmazonが最安値&デジタルアートブック+ミニサウンドトラックも付属

Amazon版は2019/6現在、7600円で販売されている。

ここでいうAmazon版とは、「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE|オンラインコード版」という商品名のもの。

中身はSteamのコードであり、購入するとアカウント宛にコードが送付されてくるため、
これをSteamのコード入力で有効化することになる。

発売から日数が経っているが、
Amazonで購入すると特典のデジタルアートブックと、ミニサウンドトラック集もついてくる。
特典はSteamでコードを有効化し、ゲームを起動するときに選択できる。
ミニサウンドトラックは曲数は少ないものの、MP3に書き出しも行えるので、専用プレーヤー以外で聞きたい場合も大丈夫だ。

Steam公式はセールが無いと定価で高い

Steam公式で隻狼を買おうとすると、セール期間外の場合定価での購入になってしまう。
8000円を越しているため、Amazonで購入するより400円ほど高い。
また、Amazonと異なり、Amazonギフト券は使えない。

ただ、Steamの決済ではドスパラポイントやWebMoneyが利用できるため、こちらが余っている人はSteamクライアント上で購入しても良い。

2019/6/15の段階では、まだセールは一度も行われていない。

安いが、メルカリや鍵屋は非推奨

たまに、メルカリや鍵屋、G2Aといったサイトで安く出品されていることもある。
ただし、これらのサイトで購入するのは勧めない。

メルカリでの販売者のなかには、Steamのアカウントとパスワードを要求してきたという事案もあったようだ。
アカウント乗っ取りの危険もあるので推奨できない。

また鍵屋などのコード販売サイトは基本的に値段が安いリージョン(国)でコードを購入しているのがほとんどだが、
sekiroはリージョンに厳しいという話もあり、最悪認証も起動もできない羽目に陥る可能性があるため、こちらもおすすめはできない。

全曲入りのサウンドトラックの入手方法は?

まだ全曲入りサウンドトラックは単体発売されていない。
そのためどうしてもほしければ、プレミア価格がついているが、イーカプコン発売のコレクターズ・エディションを購入するしかない。
(サウンドトラック目当てであれば海外版のものでもおそらくOK)

全収録のアートブックを手に入れるには?

日本語版のアートブックは「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE Official Artworks」というタイトルで、電撃ゲーム書籍編集部(KADOKAWA)から8/2に出版される。
特典配布のアートブックに入っていない画像もふんだんに使用されている模様。

Amazonのページはこちら→SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE Official Artworks

 

隻狼は仮想の戦国時代を描いたゲームだが、画作りが非常によくできているので、もともとの戦国好きの人も十二分に楽しめる。
また、ゲーム攻略にプレイヤーのスキルアップが密接に関わることから、「やりごたえ」「頑張りが報われる感」も非常に高い。

ぜひ、遊んでみてほしい。

◆この記事を読んだ人にオススメ!

Steamゲームの現金購入は金額指定WebMoneyが一番お得

SteamでXbox設定サポートON時にデスクトップ操作を無効化する方法

家から出ずに映画を1本だけレンタルしたい?ならAmazonのプライムビデオだ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


校倉

投稿者プロフィール

「戦国らいふ」は校倉が管理しているブログです。
ブログと管理人についての詳細はこちら。
連絡・お問い合わせはsengokulife1059@gmail.comまで。

※自分のことで精一杯なので、個人的な相談等には対応しておりません

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 スポンサーリンク


おすすめ記事

  1. 長尾為景の和歌
    戦国大戦の群雄伝の影響もあって、最近は謙信の父・長尾為景にハマって(?)います。 為景といえば…
  2. 札幌のバスと市電
    北海道最大の都市・札幌。一年を通じ移住や引っ越しで札幌圏に越してくる人も多いです。 ですが、市…
  3. パンフレット請求サービス「みんたび」
    旅行先の観光案内所で貰えるパンフレット。 「これ、旅行前にあったら便利なのになー」と思う方も少なく…
  4. らーめん吉山商店
    札幌らーめん共和国に入店しているみそラーメン系のお店「吉山商店」へ行ってきました。 味の感想とらー…
  5. 人物叢書「最上義光」
    2016年3月に発売となった、伊藤清郎『最上義光 (人物叢書)』。 これまで一般書店で手に取りやす…

Facebook

 スポンサーリンク


記事を書いている人

校倉

ゲーム・創作活動・歴史などが好き。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

連絡・お問い合わせはsengokulife1059@gmail.comまで。

※自分のことで精一杯なので、個人的な人生相談等には対応しておりません

ページ上部へ戻る