【札幌らーめん共和国】ごま&焙煎香る味噌「吉山商店」

yoshiyama-shoten

スポンサーリンク


札幌らーめん共和国に入店しているみそラーメン系のお店「吉山商店」へ行ってきました。
味の感想とらーめん共和国店の情報をまとめておきます。

お店の位置

今回食べに行ったのは、「吉山商店 札幌らーめん共和国店」。
札幌駅隣接ビルのエスタ10Fにあります。
駅周辺には駐車場がありますが、土日は朝イチにいかないと並ぶことが多いので、基本的に徒歩・公共交通機関推奨。

店の雰囲気

駅前のらーめん共和国にあることもあり、女性1人や家族連れでも入りやすいような店舗になっています。
中央にぐるりとカウンター席、外側に沿ってテーブル席がいくつか。
テーブル席は1卓につき最大4名くらいの規模です。

「紙エプロン」「おしぼり」「ヘアゴム」を用意してあるそうです。ベビーカーでの入店もOKだとか。

yoshiyama-shoten01

駅ナカで買い物した人が立ち寄りやすいよう、座席の下に荷物カゴもあります。これはありがたい!

焙煎ごまみそらーめん

yoshiyama-shoten02

焙煎系の香りと、クリーミーな食感を併せ持ったみそラーメンです。
焙煎ということで「まるはBEYOND」の味噌や、クリーミーさは「白樺山荘」と系統が近い印象を受けますが、ゴマが入っていることで香ばしさに独特の特徴があります。
麺はコシが強く、存在感があります。

具は以下の通り。

ねぎ
細切りきくらげ
たまねぎ
もやし
めんま
チャーシュー(厚めでほろほろ)

個人的に、きくらげが入っているのがポイント高いです。

お値段はフルサイズで880円(本店などは780円の模様)。
らーめん共和国店にはハーフサイズ(ミニ)もあります。600円。
通常の3ぶんの2くらいのサイズなのでシメや胃の小さい人にもおすすめ。
ミニサイズはチャーシューが1枚です。

営業時間

11:00~22:00 ラストオーダー21:45
日曜も営業

「吉山商店」の公式ページ。


本店は東区東苗穂にあります。

らーめん共和国店の食べログページ。

◆こちらもあわせてどうぞ

【札幌】500円で絶品煮干しそばが味わえる「中華そば カリフォルニア」に行ってきた

【札幌】超あっさり中華そばの店「麺処まるはBEYOND」に行ってきた

【札幌】モチモチの自家製麺&煮干し醤油が500円で堪能できるラーメン木曜日

【札幌】春一家三代目麺宿の濃厚系味噌&えびらーめん感想まとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


校倉

投稿者プロフィール

「戦国らいふ」は校倉が管理しているブログです。
ブログと管理人についての詳細はこちら。
連絡・お問い合わせは[email protected]まで。

※生き方・ぼやき系記事は自分の考えを吐き出したりまとめるために書いたものなので、共感・批判を問わず反応に対し一切の返信をしない方針です。
メンタル面の体調悪化などを防ぐ自衛策につき、悪しからずご了承ください。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 スポンサーリンク


おすすめ記事

  1. ファイナルファンタジー14のギャザラーは、効率的にレベル上げをしようと思うとなかなか大変です。 と…
  2. koukan-ex
    PCパーツの交換を行う際に、パーツ本体以外に用意しておくと良いものをまとめました。 必須というわけ…
  3. ff14-drk-macro
    ファイナルファンタジー14「蒼天のイシュガルド」で追加になったタンクジョブの一つ、「暗黒騎士」。 …
  4. 上杉謙信の父・長尾為景(ながおためかげ)は、下剋上の代名詞であり、また「天下無二の奸雄」というあだ名…
  5. 昨今ではソーシャルゲームの流行もあり、数多くの戦国ゲーが生み出されてきましたが、 これらゲームの利…
  6. 辞世の句などで、わりとよく目にすることが多い戦国武将たちの詠んだ和歌。 どういう経緯で詠まれたもの…
  7. ff14-english
    ファイナルファンタジー14は日本語のほかに英語・ドイツ語・フランス語でサービスを提供しているMMOR…
  8. 今更も今更ですが、2007年の大河ドラマ「風林火山」を全話見ました。 見終わってから気づいたけど全…
  9. 独特の雰囲気のある男性キャラクターに定評があるイラストレーター・西野幸治氏。 西野幸治氏のイラスト…
  10. 上杉顕定から色部昌長宛て書状に出ていた「長尾六郎」は果たして「長尾為景」か、「上田長尾房長」なのか!…
 スポンサーリンク


記事を書いている人

校倉

ゲーム・創作活動・戦国ものなどが好き。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

連絡・お問い合わせは[email protected]まで。

ページ上部へ戻る