【札幌】「らーめん兜」はチャーシューが美味い!&甲冑姿の武者が店長!?

らーめん兜のレビュー

スポンサーリンク


札幌市の藻岩山のふもとに「甲冑姿でラーメンを提供してくれる店がある」と聞き、実態をたしかめるべく「らーめん兜」へ行ってきました。
食べたラーメンの味の感想と、お店情報(甲冑も含めて!)をまとめておきます。

お店の位置

 

札幌市の中心部からやや東へ南下した藻岩山の麓のあたりにあります。
最寄り駅は札幌市営市電の「電車事業所前」駅です。

営業時間

営業時間は以下の通りです。

11:00〜22:00(ラストオーダー 21:30)

定休日は月曜で、祝日の場合は翌日が休みになるようです。

お店の雰囲気

お店の外観はこんな感じです。

raamen-kabuto01
駐車場は店の前に4台しかないうえ、比較的往来の多い大通りに面していて車の出し入れが面倒なので、大人1人~2人くらいなら徒歩のほうがいいかも。
(満車時は向かいのファミリーマートに停めるのは公式でOKだそうです)

注文は前払いの食券方式です。
紙幣が1000円か2000円しか使えないので、大きいのしかない場合は店員さんに声をかけてみてください。

座席は奥に長いカウンターと、ボックス席が4つほど。席同士の幅はあるのですが、座席数が多いわけではないのでゴールデンタイムは待つ気で行ったほうが良いです。

店内では無料のWi-fiも使えるので、ネットにも困りません。(IDとパスワードの掲示があります)

 

メニュー

ラーメンのメニューは以下のとおり。

raamen-kabuto02

熟成味噌
辛みそ
焙煎醤油
辛しょうゆ
厳選 塩
辛しお

セットメニューに「チャーシュー丼」「チャーマヨ丼」などが付けられる他、チャーシュー麺にしてもらうオプションや夏季限定の冷やしラーメンもあります。

熟成味噌

raamen-kabuto03
お値段は800円。

スープの系統としては白樺山荘や百戦麺磨鬼武者などのクリーミー系味噌に近いです。
複雑な味をしているので、どちらかというとこってり系。
麺はいわゆる味噌ラーメンで使われている感じの一般的な感じ。
別乗せで生姜もついてきますが、生姜の香りはそこまでしないので、生姜がきつい味噌が苦手な人にもGOOD。
raamen-kabuto04
生姜に加えて辛く味付けされたニラもついてきます。辛いのが平気ならこれも乗せておくのをおすすめ。

記事タイトルにもある通り、チャーシューがとにかく美味しいです。
厚みのある一枚物のチャーシューで、油っぽすぎず、肉っぽすぎず、深みのある味わいがたまりません。
一方、メンマはくせのある香りをしているので、人によっては好みが別れます。
(私はちょっと苦手な感じの匂いでした)

もいわ山店の甲冑店長

らーめん兜では世にも珍しい、甲冑姿で調理をしている店長さんが見られます。
何を言っているかよくわからないと思いますが、文字通りです…

raamen-kabuto05
こんな感じで、甲冑武者がラーメンを作ってくれるんです、このお店。すごくないですか?(夏とか暑そう!!)
篭手したままどうやって料理してるんだろう…と思いましたが、さすがに手だけは露出した状態でしたw
兜の前立てに店のロゴが掲げられていて、インパクト大です。
甲冑好きなら一見の価値ありですよ!

今回はもいわ山店のほうに行きましたが、本店は澄川にあります。
甲冑店長が見られるのはもいわ山店の方だけだそうです!
また、LINEのショップカードも対応しているようで、ポイントを貯めると餃子などと交換できるので、通う予定がある人はそちらもぜひ。
(店内にも案内があります)

「らーめん兜」の公式サイト。

[関連]甲冑店長はいないけど、甲冑が置いてある「百戦麺磨 鬼武者」の記事はこちら。

◆札幌のラーメン関連記事 こちらもあわせてどうぞ
春一家三代目麺宿の濃厚系味噌&えびらーめん感想まとめ

【札幌らーめん共和国】ごま&焙煎香る味噌「吉山商店」

甲冑があるラーメン屋!?「百戦麺磨 鬼武者」に行ってきた

ラーメン木曜日は500円でモチモチ自家製麺&煮干し醤油が堪能できる良店!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


校倉

投稿者プロフィール

「戦国らいふ」は校倉が管理しているブログです。
ブログと管理人についての詳細はこちら。
連絡・お問い合わせは[email protected]まで。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 スポンサーリンク


おすすめ記事

  1. FF14エーテライトペンデュラム
    ファイナルファンタジー14の友達招待キャンペーンで入手できる、「エーテライトペンデュラム」。 オン…
  2. FF14二本目のアニマウェポン
    ファイナルファンタジー14のアニマウェポンの2本目を作成するときに、「あわや不具合か!?」と思ってし…
  3. FF14ハウジングの番地
    先日、ファイナルファンタジー14をプレイしていたら、ある時突然ハウジングエリアのマップから番地が消え…
  4. FF14冒険録
    ファイナルファンタジー14「紅蓮のリベレーター」から導入された、「冒険録」。 (メインクエストコン…
  5. 博物館図録の購入方法
    博物館や美術館が発行している図録を購入する方法は、多くの場合「現金書留」です。 やってみたら意外と…
  6. らーめん兜のレビュー
    札幌市の藻岩山のふもとに「甲冑姿でラーメンを提供してくれる店がある」と聞き、実態をたしかめるべく「ら…
  7. デザイン苦手レイアウトおすすめ本
    デザインとかレイアウトとか苦手!センスない!いつまで経っても初心者です! そんな筆者が基礎を学んだ…
  8. 長尾為景と三分一原の戦い
    乃至政彦先生の「上杉謙信の夢と野望 (歴史新書y)」、ちょっと前の本ですが、 戦国大戦の群雄伝、長…
  9. 世界の辺境とハードボイルド室町時代
    『喧嘩両成敗の誕生』でも中世日本のトンデモ実態を紹介してくれていた、清水克行先生の新刊『世界の辺境と…
  10. FF14ディープダンジョン効率周回
    ファイナルファンタジー14のパッチ3.3で追加になったディープダンジョン「死者の宮殿」を、コンテンツ…
 スポンサーリンク


記事を書いている人

校倉

ゲーム・創作活動・歴史などが好き。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

連絡・お問い合わせは[email protected]まで。

ページ上部へ戻る