【札幌】甲冑があるラーメン屋!?「百戦麺磨 鬼武者」に行ってきた


スポンサーリンク


札幌すすきのに、なんと店内に「甲冑」が置いてあるラーメン屋があると雑誌で目にしてからというもの、ずっと気になっていました。
この度行く機会に恵まれましたので、味噌・柚子塩ラーメンの感想とともにお店情報をまとめました。

お店の位置

 

市電すすきの駅近くにある百貨店ビル「ラフィラ」から少し南下したところにあります。

繁華街にほど近いので、夜に女性一人で行くにはちょっと気をつけたほうがいいかもしれません。

営業時間

営業時間は以下の通りです。

19:00~7:00

夕方19時からしか開かないので、要注意!

お店の雰囲気

onimusha-ramen01

交差点を曲がって少し過ぎたビルの1Fが入口。

onimusha-ramen02

入口左手には大きく筆文字で「鬼」の字がおどります。

onimusha-ramen03

店を入ってすぐ右手には…噂の甲冑が!
店のロゴが前立に使われており、オリジナルの甲冑のようです。
ラーメン屋の中に甲冑が置いてあるお店は初めてですw

onimusha-ramen06

書道家「涼風花」さんの手による店名の書道額なども飾られています。雰囲気抜群ですね。

onimusha-ramen04

注文は食券方式。
食券の券売機は甲冑の左手側に置いてあります。

onimusha-ramen05

座席は壁に向かったカウンター席と写真のようなボックス席が並んでいます。
店自体は奥に細長い感じ。

メニュー

ラーメンのメニューは以下のとおり。

武者醤油
鬼味噌
ブタ塩
鶏塩
柚子塩
梅塩
辛味噌
まぜそば

この他に、サイドメニューとして「とろ玉チャーハン」「チャーシュー丼」「社長の卵かけごはん」などがあります。

onimusha-ramen07

サイドメニュー・お酒は座席についてからでも注文可能なようです。

onimusha-ramen08

鬼味噌

onimusha-ramen09

看板メニューの一つ。
まろやかでミルキー系な味噌ラーメン。
見た目の割にはがっつりこってりでもない。

大根おろしが入っているという一風変わった仕様です。

パンチの聞いた濃い味系味噌がお好きな人にはちょっと物足りないかも。
汁の触感はほどよくぞろっとした感じです。

お値段は850円。

柚子塩

onimusha-ramen10

こちらも見た目よりかなりあっさり味。

鼻腔に香る柚子のにおいがたまりません。
柚子系ラーメンによくあるゆず臭がきつすぎることはなく、汁の味を引き立てる程度です。

トッピングはチャーシューか鶏団子から選択可能です。
個人的には鶏団子がおすすめ。

お値段は790円。

チャーシュー丼

onimusha-ramen11

味噌ラーメンに乗っているチャーシューと同じチャーシューが炙ってあるどんぶり。
わさっと白髪ネギも乗っているので、チャーシューと一緒に頬張るのが吉。
お好みのマヨネーズはかけたほうがおいしいです。

お値段は350円。

 

他のお店ではなかなかみかけない、柚子塩ラーメンが相当美味しかったです。
今回食べた「鬼味噌」と双璧をなしている看板ラーメン「武者醤油」も気になるので、また行ってみたいと思います。

「百戦麺磨 鬼武者」の食べログページ。

「百戦麺磨 鬼武者」の公式サイト。

お店のFacebookページ。
お店のTwitterアカウント(@hyakusenmenma)。

◆こちらもあわせてどうぞ

【札幌】500円で絶品煮干しそばが味わえる「中華そば カリフォルニア」に行ってきた

【札幌】超あっさり中華そばの店「麺処まるはBEYOND」に行ってきた

【札幌】石山通沿線の煮干し醤油ラーメン特化店「鬼そば」に行ってきた

【札幌】体にやさしい中華そばにこだわった「麺屋169」に行ってきた

【札幌】モチモチの自家製麺&煮干し醤油が500円で堪能できるラーメン木曜日

スポンサーリンク


校倉

投稿者プロフィール

「戦国らいふ」は校倉が管理しているブログです。
ブログと管理人についての詳細はこちら。
[email protected]

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 スポンサーリンク


おすすめ記事

  1. ファイナルファンタジー14のパッチ3.4で、攻略手帳による「冒険者小隊」志願兵勧誘の仕組みが増えたこ…
  2. 上杉謙信の父・長尾為景(ながおためかげ)は、下剋上の代名詞であり、また「天下無二の奸雄」というあだ名…
  3. 以前紹介した、オンライン講義サイト「gacco」の講座「日本中世の自由と平等」を受講した際のノート代…
  4. ちまたにある萌え本と呼んでも差支えない戦国関係の資料本を紹介する企画です。 (さらに&helli…
  5. ファイナルファンタジー14で、冒険者(プレイヤー)の荷物などを預かってくれる「リテイナー」。 容姿…
  6. 「Facebookをやってみたいけど、日本語版は性別欄が男女の2つしかないしな…」とがっかりしている…
  7. 旅行先の観光案内所で貰えるパンフレット。 「これ、旅行前にあったら便利なのになー」と思う方も少なく…
  8. 2016年3月に発売となった、伊藤清郎『最上義光 (人物叢書)』。 これまで一般書店で手に取りやす…
  9. 近年増えてきた、オンラインでイラスト添削を受けられるサービスをまとめてみた記事です。 利用したこと…
  10. ファイナルファンタジー14のパッチ3.45で追加になった、ディープダンジョン「死者の宮殿」の深層部(…
 スポンサーリンク


記事を書いている人

校倉

ゲーム・創作活動・戦国ものなどが好き。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

[email protected]

ページ上部へ戻る