【札幌】石山通沿線の煮干し醤油ラーメン特化店「鬼そば」に行ってきた


スポンサーリンク


車の運転練習で定山渓方面に行ったのですが、その沿線にあった「鬼そば」(札幌市南区)に立ち寄ったので、店情報と味の感想をまとめておきます。

店の位置

niboshi-onisoba01

店は石山通で定山渓温泉方面に向かう通りに面して立っています。
セイコーマートの左隣にありました。

↓地図だとこのあたりです。

店内の様子

niboshi-onisoba02

店はカウンターメイン+テーブル小上がり1卓のこじんまりとした雰囲気。
麺類のメニューは「鬼そば(煮干し醤油)」「極にぼ(煮干し増し増し)」「鬼そば塩」「鬼退治(和風油そば)」の4つ。
選択肢が少ない分、煮干し醤油ラーメン特化!と言った感じでコンセプトはとてもはっきりしています。

郊外にあるのか待たされることもなく、腰を落ち着けてゆっくり堪能することができました。
ただ、トイレが和式なので、苦手な方は気をつけたほうがいいかも…

鬼そば(煮干し醤油)

niboshi-onisoba03

店名を冠した代表メニュー。
煮干しが効きながらもクドくなりすぎず、汁まで飲み干せる一杯。

麺も細身のストレートながらモチモチしていて、けっこうお腹にたまります。

味とは直接関係ないですが、器がちょっとおもしろい形でした。
縦長?

niboshi-onisoba04

お値段は730円。

極にぼ(煮干し増し増し)

niboshi-onisoba05

数量限定の、煮干しを極めた一杯。
説明によると、煮干しペーストが入っており、煮干し感強めとのこと。

niboshi-onisoba06

実際食べてみると、かなり「ぞろっ」とした舌ざわり。
感覚としてはごますりおろしのような風合いです。
ノーマルの「鬼そば」とは根本からことなるラーメンでした。

なんだろう、「煮干し醤油」というとあっさり系のイメージですが、
この「極にぼ」は「こってり系煮干し醤油」な感じでした。

お値段は800円。

個人的には「鬼そば」の方が好きかな…



あっさりめチャーシューがおいしい

「鬼そば」のチャーシューは脂身が少ないため、脂身の多いチャーシューが苦手な人でも食べれます。

また、メンマの代わりに乗っている細いたけのこは下味が付いていて、これもおいしいかったです。

niboshi-onisoba07

月見など、他ではあまり見かけないトッピングもあるようです。

営業時間

11:30~20:00
定休日:火曜日

定山渓温泉方面への道すがら、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

・食べログ

・Facebookページ
https://www.facebook.com/gokunibo

◆こちらもあわせてどうぞ

【札幌】体にやさしい中華そばにこだわった「麺屋169」に行ってきた

【札幌】モチモチの自家製麺&煮干し醤油が500円で堪能できるラーメン木曜日

【札幌】格安500円以下で食べられる隠れ家的パスタの専門店「パスタしゃべりたい」

スポンサーリンク


校倉

投稿者プロフィール

「戦国らいふ」は校倉が管理しているブログです。
ブログと管理人についての詳細はこちら。
[email protected]

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 スポンサーリンク


おすすめ記事

  1. ファイナルファンタジー14のパッチ3.4ではハウジングに待望のマンション個室「アパルトメント」が追加…
  2. inappropriate_babysitter
    子供が親の感情の子守をさせられる。 いわゆるアダルトチルドレン(AC)などの文脈においてしばしば目…
  3. ファイナルファンタジー14のパッチ3.2時点で発売された「蒼天のイシュガルド クラフター&ギャザラー…
  4. 「簡単なお願いごとを500円から」!クラウドソーシングの登竜門として、また簡単なスキルを売ってみると…
  5. 各所で名が挙がっていたのでずっと読みたかったベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん アメリカの金持ちが…
  6. 以前紹介した、オンライン講義サイト「gacco」の講座「日本中世の自由と平等」を受講した際のノート代…
  7. 車の運転練習で定山渓方面に行ったのですが、その沿線にあった「鬼そば」(札幌市南区)に立ち寄ったので、…
  8. フルカラーでカバー付きの旅行記漫画の同人誌を、ONEBOOKSさん(http://www.red-t…
  9. 沖縄料理の一つで、コリコリとした食感が特徴の「ミミガー」(豚の耳)。 物産展や沖縄料理屋でしか…
  10. 昨今ではソーシャルゲームの流行もあり、数多くの戦国ゲーが生み出されてきましたが、 これらゲームの利…

記事を書いている人

校倉

ゲーム・創作活動・戦国ものなどが好き。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

[email protected]

ページ上部へ戻る