【札幌】石山通沿線の煮干し醤油ラーメン特化店「鬼そば」に行ってきた

鬼そば

スポンサーリンク


車の運転練習で定山渓方面に行ったのですが、その沿線にあった「鬼そば」(札幌市南区)に立ち寄ったので、店情報と味の感想をまとめておきます。

店の位置

niboshi-onisoba01

店は石山通で定山渓温泉方面に向かう通りに面して立っています。
セイコーマートの左隣にありました。

↓地図だとこのあたりです。

店内の様子

niboshi-onisoba02

店はカウンターメイン+テーブル小上がり1卓のこじんまりとした雰囲気。
麺類のメニューは「鬼そば(煮干し醤油)」「極にぼ(煮干し増し増し)」「鬼そば塩」「鬼退治(和風油そば)」の4つ。
選択肢が少ない分、煮干し醤油ラーメン特化!と言った感じでコンセプトはとてもはっきりしています。

郊外にあるのか待たされることもなく、腰を落ち着けてゆっくり堪能することができました。
ただ、トイレが和式なので、苦手な方は気をつけたほうがいいかも…

鬼そば(煮干し醤油)

niboshi-onisoba03

店名を冠した代表メニュー。
煮干しが効きながらもクドくなりすぎず、汁まで飲み干せる一杯。

麺も細身のストレートながらモチモチしていて、けっこうお腹にたまります。

味とは直接関係ないですが、器がちょっとおもしろい形でした。
縦長?

niboshi-onisoba04

お値段は730円。

極にぼ(煮干し増し増し)

niboshi-onisoba05

数量限定の、煮干しを極めた一杯。
説明によると、煮干しペーストが入っており、煮干し感強めとのこと。

niboshi-onisoba06

実際食べてみると、かなり「ぞろっ」とした舌ざわり。
感覚としてはごますりおろしのような風合いです。
ノーマルの「鬼そば」とは根本からことなるラーメンでした。

なんだろう、「煮干し醤油」というとあっさり系のイメージですが、
この「極にぼ」は「こってり系煮干し醤油」な感じでした。

お値段は800円。

個人的には「鬼そば」の方が好きかな…



あっさりめチャーシューがおいしい

「鬼そば」のチャーシューは脂身が少ないため、脂身の多いチャーシューが苦手な人でも食べれます。

また、メンマの代わりに乗っている細いたけのこは下味が付いていて、これもおいしいかったです。

niboshi-onisoba07

月見など、他ではあまり見かけないトッピングもあるようです。

営業時間

11:30~20:00
定休日:火曜日

定山渓温泉方面への道すがら、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

・食べログ

・Facebookページ
https://www.facebook.com/gokunibo

◆こちらもあわせてどうぞ

【札幌】体にやさしい中華そばにこだわった「麺屋169」に行ってきた

【札幌】モチモチの自家製麺&煮干し醤油が500円で堪能できるラーメン木曜日

【札幌】格安500円以下で食べられる隠れ家的パスタの専門店「パスタしゃべりたい」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


校倉

投稿者プロフィール

「戦国らいふ」は校倉が管理しているブログです。
ブログと管理人についての詳細はこちら。
連絡・お問い合わせは[email protected]まで。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 スポンサーリンク


おすすめ記事

  1. 麦羊亭狸小路店レビュー
    北海道で配布中の無料るるぶのジンギスカン特集などには必ず掲載されている老舗「麦羊亭狸小路店」。 す…
  2. richdad
    各所で名が挙がっていたのでずっと読みたかったベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん アメリカの金持ちが…
  3. 戦国大戦の西野幸治イラスト
    独特の雰囲気のある男性キャラクターに定評があるイラストレーター・西野幸治氏。 西野幸治氏のイラスト…
  4. ホテル京阪札幌のサイト
    札幌駅西口にあるホテル京阪札幌は、駅からも近いのに比較的安価で、とてもおすすめのホテルです。 実際…
  5. スープカレー
    以前、ブームにもなった札幌の名物・スープカレー。 ついぞ食べる機会に恵まれず、「ライスカレーの薄い…
  6. AC電源選び方
    グラフィックボードの交換に合わせてPCの電源パーツを交換することになったのですが、いまいちどれを選ん…
  7. 世界の辺境とハードボイルド室町時代
    『喧嘩両成敗の誕生』でも中世日本のトンデモ実態を紹介してくれていた、清水克行先生の新刊『世界の辺境と…
  8. SoudBlaster sbx-h7
    先日ファイナルファンタジー14の推奨周辺機器にも設定されているクリエイティブ社製ゲーミングヘッドセッ…
  9. 和装の描き方
    和風絵系のイラスト技法書「和装の描き方」が、 とんでもない当たり本だったので、感動を胸にレビュー記…
  10. 謙信公と17将
    いつものようにtwitterで情報収集をしていたところ、「越後上越 上杉おもてなし武将隊」(@ues…
 スポンサーリンク


記事を書いている人

校倉

ゲーム・創作活動・歴史などが好き。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

連絡・お問い合わせは[email protected]まで。

ページ上部へ戻る