【札幌】春一家三代目麺宿の濃厚系味噌&えびらーめん感想まとめ


スポンサーリンク


豊平区美園にある「春一家 三代目麺宿」へ行ってきました。
お店情報&一番人気の味噌らーめんと、目玉メニューのえびらーめんの感想をまとめておきます。

お店の位置

地下鉄美園駅からもほど近く、味噌らーめんで全国的に有名な名店「麺屋 彩未」にも近いです。

haru18-01

店の前に2台ほど駐車スペースがあり、第二駐車場も一応あるようですが、数はそう多くありません。
できれば徒歩か、車なら人の少ない時間帯を狙いましょう。

店の雰囲気

結構人がいて写真がありませんがあしからず…

注文は食券式で、2Fには座敷席もあります。
1Fはカウンター席と4人席・2人席がいくつか。
店内はそう広くないので、大荷物のままはおすすめしません。

なお、春一家のラーメンはすべて自家製麺とのこと。
縮れはなく、独特のコシがありボリューム感のある麺でした。

味噌らーめん

haru18-02

焦がし系の香り高い味噌らーめん。
個人的には「まるはBEYOND」の味噌と似た系統かな?という感じを受けました。
札幌味噌ラーメン特有のもやし・玉ねぎ・ミンチ等の具は比較的少なめ盛りです。

メンマは結構しっかり味があるタイプ。
チャーシューはやや脂身が多いので、苦手な方はキツイかも?
大きさもけっこう大きめですが、枚数は1枚。

わりとこってり系なので、量は少ないように見えて、意外と食べ終わるころにはお腹いっぱいです。

えびらーめん(チャーシュータイプ)

haru18-03

青ネギと、エビ出汁の香りが特徴的な目玉ラーメン。
とにかく全面的に「エビです!」という主張が激しい味です。
こちらも味噌同様、味付けは濃厚系でした。

えびらーめんにはもう一つ、「かき揚げタイプ」もありますが、こちらは昼夜各10食限定です。
行った時には売り切れていたので、人気メニューなのかも?

えび塩つけめん

haru18-04

こちらは味噌らーめんやえびらーめんとは使用している麺が異なるのか、若干太めです。
つけ麺のつゆは、えびらーめんとほぼ似た味付けでした。
(というか、違いがよく分からなかった…)

つけ麺の特徴は、小盛・並盛・大盛がすべて同じ値段ということ!
沢山食べたいタイプの方にはお得です。

スープも付いてきます。

営業時間

11:00~15:00、17:00~20:30ラストオーダー
定休日は木曜日

「春一家 三代目麺宿」の公式ページ。味玉子トッピングのクーポンもあります。

食べログページ。

◆こちらもあわせてどうぞ

【札幌】500円で絶品煮干しそばが味わえる「中華そば カリフォルニア」に行ってきた

【札幌】超あっさり中華そばの店「麺処まるはBEYOND」に行ってきた

【札幌】モチモチの自家製麺&煮干し醤油が500円で堪能できるラーメン木曜日

スポンサーリンク


校倉

投稿者プロフィール

「戦国らいふ」は校倉が管理しているブログです。
ブログと管理人についての詳細はこちら。
[email protected]

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 スポンサーリンク


おすすめ記事

  1. ファイナルファンタジー14で、冒険者(プレイヤー)の荷物などを預かってくれる「リテイナー」。 容姿…
  2. darkknight-newyear-party
    ファイナルファンタジー14のガイアDC、Yojimbo(用心棒)サーバーにて、2017/1/6(金)…
  3. work-outdoor-hard
    通常、働くといえば会社に雇用されて通勤を要するものを指すことが一般的だ。 だけど、この「外に出て働…
  4. 自分の発行した同人誌を通販する際、どうやって送るのが一番安いのか。 買ってくれる人がいるのは嬉しい…
  5. 戦国大戦の群雄伝の影響もあって、最近は謙信の父・長尾為景にハマって(?)います。 為景といえば…
  6. いま自分は、実家で引きこもっている。あるいはニート状態だ。 それに加えて、学生時代は勉強ばかりして…
  7. 2016年3月に発売となった、伊藤清郎『最上義光 (人物叢書)』。 これまで一般書店で手に取りやす…
  8. justice_is_horrible
    この社会には、仕事に就き、経済的に自立しており、また精神面でも誰かに不健全に依存することなくいたって…
  9. ラーメンウォーカームック ラーメンWalker北海道2016で注目の新店として掲載されていた、「中華…
  10. 各所で名が挙がっていたのでずっと読みたかったベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん アメリカの金持ちが…

記事を書いている人

校倉

ゲーム・創作活動・戦国ものなどが好き。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

[email protected]

ページ上部へ戻る