ココナラで500円の記事作成を請け負った時の文字単価を調べてみた

ココナラの文字単価

スポンサーリンク


「簡単なお願いごとを500円から」!クラウドソーシングの登竜門として、また簡単なスキルを売ってみるという経験の場として非常に優れている「ココナラ(coconala)」。
私も記事作成のサービスなどを出品していますが、500円で記事作成を請け負った場合、文字単価いくらになるのでしょうか?
他のクラウドソーシングサイトと比較しつつまとめてみました。

見落としがちなココナラの「手数料」

ココナラ」を出品者(サービス提供者)側で利用するときについつい忘れてしまいがちなのが、「手数料」。

ココナラの仕組みでは、
表示されている金額のうち30%はココナラ側の手数料として差し引かれ、残った額がサービス提供者の収入となります。

ココナラは「500円で!」を売りにしているため、サービス提供者はここをつい忘れてしまい、500円がまるまる自分のものになると思ってしまうんですよね。
私も最初ココナラでサービス出品を始めたばかりの頃はそうでした。

早い話が、
500円で請け負っても出品者の手元に残るのは378円ということなんです。

「クラウドワークス」「ランサーズ」といった他のクラウドソーシングサイトは10~20%のようですので、ココナラは少々お高めといった感じでしょうか。

とはいえ、ココナラは依頼をしてくる人もまったりしていて、仕事ありきで自分が応募するタイプの「クラウドワークス」「ランサーズ」に比べると色々なハードルが低く、仕事につながりやすいです。
報酬の振り込みが1000円から受け付けてくれているのも始めたばかりの人にはありがたい。

それでは以下で本題のココナラの基本単価500円で記事作成を請け負うと文字単価いくらになるのか、検証していきます。

500円で記事作成を請け負うと文字単価は約0.4円

計算してみた前提条件は、以下のとおりです。

・1000文字まで受付の記事作成サービス
ブログ記事などを想定
500円

前述のとおり、500円のうち30%はココナラの手数料になりますので、出品者の手元に入ってくる金額は378円です。
これを、1000文字で割り、一文字あたりの価格を計算すると、以下のようになります。

378÷1000=0.378円

この式から、一文字あたりの価格はだいたい約0.4円であることが分かります。
1000文字500円の場合は一文字0.5円ですから、それよりはちょっと少ない金額になりますね。

この数字をどう受け止めるかは人によって異なるかと思いますが、私からすると、
「お金」の部分に注目するとちょっと厳しいな…というのが印象です。

ココナラで記事作成を請け負うときの注意点としては、次のことが挙げられます。

・非常に文字単価が低く、書くこと自体に意義を見いだせない場合は稼ぎとしてはいまいち
・「何かを発信したい」なら、自分のブログに書いたほうが資産になる

それでもココナラで記事作成をやってみたほうがいい場合

…とデメリットばかりのように書いてしまいましたが、ココナラで記事作成を請け負うことにはメリットもあります。
私も、最初はココナラで記事作成を請け負うところから始めた人間です。
(今は直接依頼してくれる方に恵まれ、ココナラはちょっと一休みしていますが)

ココナラで記事作成を請け負ってみてもいいんじゃないかなと思われる状況としては、以下のような場合が挙げられます。

・ネットで仕事を全くしたことがない場合
・「クラウドワークス」「ランサーズ」などでやりたい仕事が見つからない場合
・個人発注をしてくれる仕事がまだ無い場合

ココナラは、依頼をくれる人との出会いの場としてはかなり良いサービスなんですよね。

個人的にはクラウドワークス・ランサーズに比べると「仕事」感が薄いので、ハードルが低くやってみやすかった&実際の仕事に繋がりやすかったというのもメリットです。

ネットで記事を書く仕事を始めてみたい!という人は、本記事の文字単価をふまえつつ、是非一度使ってみてください。
意外と楽しくてハマりますよ。




◆こちらもあわせてどうぞ

ココナラに出品したサービスは基本的に削除できない?

オンラインでイラストを添削してくれるサービスのまとめ(ココナラの出品例)

大学レベルの日本史講座を無料で受講できるサイト「gacco(ガッコ)」のすごさ

図書館にない本を借りたいときは相互貸借制度が便利です

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


校倉

投稿者プロフィール

「戦国らいふ」は校倉が管理しているブログです。
ブログと管理人についての詳細はこちら。
連絡・お問い合わせは[email protected]まで。

※自分のことで精一杯なので、個人的な相談等には対応しておりません

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

 スポンサーリンク


おすすめ記事

  1. らーめん兜のレビュー
    札幌市の藻岩山のふもとに「甲冑姿でラーメンを提供してくれる店がある」と聞き、実態をたしかめるべく「ら…
  2. デザイン苦手レイアウトおすすめ本
    デザインとかレイアウトとか苦手!センスない!いつまで経っても初心者です! そんな筆者が基礎を学んだ…
  3. ココナラの文字単価
    「簡単なお願いごとを500円から」!クラウドソーシングの登竜門として、また簡単なスキルを売ってみると…
  4. FF14クラフターレベル上げ
    ファイナルファンタジー14のクラフターは、各職でお互いの製作品を使い合いますし、ひとまずどの職もレベ…
  5. 麦羊亭狸小路店レビュー
    北海道で配布中の無料るるぶのジンギスカン特集などには必ず掲載されている老舗「麦羊亭狸小路店」。 す…
  6. snippingtool
    PCを使っていて画面の一部を撮影(スクリーンショット)したいことってありますよね? そういうと…
  7. 小説同人誌作りに役立つデザイン本
    2015年の6月ごろ、印刷所に頼んで初めて小説の同人誌を出しました。 それまでは、右も左もわかって…
  8. 78枚のカードで占う、いちばんていねいなタロット
    タロット占いに興味を持って、タロットカードを買ってみたはいいものの、 カードの解釈方法がわからない…
  9. 長尾為景と三分一原の戦い2
    以前書いた「三分一原合戦で長尾為景は「隠居に追い込まれた」のか「満を持して隠居した」のか」の続報記事…
  10. 札幌市立中央図書館の二階
    2014年4月にリニューアル、2018年3月に改修した、札幌市立中央図書館。 札幌市の中心部に位置…
 スポンサーリンク


記事を書いている人

校倉

ゲーム・創作活動・歴史などが好き。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

連絡・お問い合わせは[email protected]まで。

※自分のことで精一杯なので、個人的な人生相談等には対応しておりません

ページ上部へ戻る